IT-EXchange

サイトマップ
文字のサイズ
小
中
大
サービス・ソリューション一覧
■ IT商材の流通
■ SoftBank SELECTION
■ コンサルティング・サポート
■ 通信
■ WEBサービス・クラウド
■ 購買支援
ホーム > SPLA(Microsoft Services Provider License Agreement)相談センター

SPLA 相談センター

SPLA相談センターはマイクロソフト製品の第三者向けソフトウエアサービス導入を支援いたします。

SPLA相談センターのご案内
ソフトバンク コマース&サービスではマイクロソフトのサービスプロバイダーライセンス(以下、SPLA)を利用して、これから事業を展開されるサービスプロバイダー様・ホスティング業者様・データセンター様・レンタル業者様などを対象に、調達までのプロセスをはじめライセンスのご相談を承るSPLA相談センターを開設しています。 当相談センターでは、マイクロソフトの第三者向けソフトウエアライセンスプログラムSPLA( Microsoft Services Provider License Agreement)のご契約・ご購入等、お客様のサービス開始までのお手伝いとライセンスに関するご相談に専門スタッフが対応させていただきます。

概要・サービス内容

SPLA とは

ホスティングサービス、ASPサービス等インターネットを利用したビジネスを展開するお客様が、そのサービスの利用者に代わってマイクロソフト製品のソフトウエアライセンスを取得できるライセンスプログラムです。1か月ごとに利用した分だけのライセンス料金を翌月に発注するライセンスプログラムなので、初期投資を大幅に抑えることができます。

レンタル業者様はデスクトップ製品を第3者のエンドユーザ様にレンタルする際に、SPLAをご利用いただけます。
※HW資産を事業者が所有するレンタル契約が前提です。
※デバイスごとに、WindowsOSのUGライセンスデバイスSALが必要です。
※Windows OEM製品がインストールされたPCが対象です。
※レンタルでのお取り扱いの際は、別途変更覚書のご契約が必要です。

SPLA(スプラ)は、第三者へのソフトウエアサービスの提供を可能にするライセンスプログラムです

他のライセンスプログラムとの違い

マイクロソフト製品をパッケージや、通常のボリュームライセンス、プレインストールモデルで購入した場合、ライセンスはお客様の自社での使用のみを許諾するものですが、SPLA(スプラ)は第三者へのソフトウエアサービスの提供を実現します。

SPLA提供ライセンス

SPLA のご提供ライセンスは、1か月の非永続ライセンス (サブスクリプション) です。 ライセンスは実際にご利用されたライセンス使用分を 1か月ごとに発注いただきます。ご利用いただけるライセンスモデルは 3つ。 コアライセンス・プロセッサライセンス・サブスクライバーアクセスライセンス ( SAL ) とあります。 提供するサービスの内容、およびシステムの規模に応じて、毎月取得形態を選択いただけます。

製品によっては、コアライセンスのみの提供、プロセッサライセンスのみの提供、 サブスクライバーアクセスライセンス ( SAL ) のみの提供の製品もありますので、ご確認ください。

SPLA(スプラ)は、3種類のライセンス形態となってます

ユーザ単位:サブスクライバー アクセス ライセンス(SAL)

サービスを利用するエンドユーザごとに取得いただくライセンスです。サーバライセンスを取得する必要がないので、追加で費用を払うことなくサーバの拡張や増設を実施できます。

ユーザ数だけライセンスを取得

  • エンドユーザの数量分のみ取得
    ※1部製品はユーザカウントではない場合があります
  • 別途サーバライセンスを取得する必要なし
  • 追加費用なくサーバを増設可能
CPU単位:プロセッサ ライセンス(PL)

サービスを提供するサーバのCPUごとにご購入いただくライセンスです。CPUにアクセスできるエンドユーザの数に制限はありませんので、追加で費用を払うことなくユーザ数を拡大できます。

CPU数だけライセンスを取得

  • CPUの数量分のみ取得(コアではなくソケット数)
  • CPUにアクセスできるエンドユーザ数に制限なし
  • 追加の費用なくエンドユーザ数を拡大可能
コア単位:コアライセンス(Core)

サービスを提供するサーバのコアごとにご購入いたいだく ライセンスです。SQL Server のみ選択できるライセンスモデルです。アクセスできるユーザ数に制限はありません。
※ 1 ライセンスあたり 2 コアライセンスパック
※ コア毎にライセンスを取得 (初回最低単位 4 コア+ 以降 2 コア)

ユーザ数だけライセンスを取得

  • Standard Editionの場合、物理サーバに搭載されている
    各CPUのコア数、もしくは仮想環境の際は割り当てた仮想
    プロセッサのコア数で取得
  • Enterprise Editionの場合、物理サーバに搭載されている各CPUのコア数で取得した場合、仮想環境は無制限でご利用いただけます。もしくは仮想環境に割り当てた仮想プロセッサのコア数で取得することもできます。

SPLA対象事業

SPLAはオンライン事業やサービスプロバイダー事業、レンタル事業など、自社の従業員ではない第三者へのサービスを提供する事業者様が対象となります。

SPLA(スプラ)の主な対象はサービスプロバイダー事業とレンタル事業です

インターネットまたは専用回線を通じて、ソフトウエアに基づくサービスを第三者のエンドユーザに提供するサービスプロバイダー事業者

メリット
一定額ではなくライセンスを使用した分だけ支払う契約なのでコストがかさみません。また常に最新バージョンのライセンスを顧客に提供できます。

ビジネス例

デスクトップ製品を第三者のエンドユーザに提供するレンタル事業者

メリット
エンドユーザへの貸し出しに制限のないSPLAなら、PCなどと一緒にデスクトップ製品を提供することができるので、レンタル事業者に最適です。

ビジネス例

SPLA(スプラ)の主な対象はサービスプロバイダー事業とレンタル事業です

SPLA契約手続き

1.新規お取引きお申し込み

弊社からSPLAの購入をご希望の場合、弊社とのお取引契約が必要になります。
弊社とのお取引契約のないお客様はSPLA相談センター宛にメールご連絡願います。

Email: sbbmb-sbb-spla@g.softbank.co.jp

2.マイクロソフト パートナーネットワークへの登録

SPLAをご契約いただくには、マイクロソフトパートナーネットワークとMicrosoft Hosting Communityへ登録が必要です。ご登録がまだの場合は、下記URLよりご登録お願いします。

マイクロソフト パートナー コール センター

ご登録で不明な点は下記へお問合わせください。 TEL:0120-70-8105  ※自動音声が流れますので「3番」をご選択の後「1番 パートナーネットワークに関するお問い合わせ」をご選択ください。

3.SPLA契約の締結

サービスプロバイダー様・マイクロソフト社・弊社において、SPLA契約を締結をする必要があります。
上記2点のお手続きに入りましたら、ご契約に関する申込書を送付させていただきますので SPLA相談センター宛にメールご連絡お待ちしております。

Email: sbbmb-sbb-spla@g.softbank.co.jp

SPLA契約の流れ

SPLAライセンスのご発注

サービス プロバイダー様は、前月にエンドユーザに使用を許可したすべてのライセンスについて、月次使用報告、または無使用報告を提出していただきます。また関連会社ご利用分、ソフトウエア サービス リセラーご利用分がある場合も、毎月の報告に含めていただく必要がございます。

*月次使用報告・・・最低発注数の条件はございません。
*無使用報告書・・・ご利用の無かった月も、指定のフォームで報告いただく必要がございます。
*発注期限・・・毎月当月使用分を翌月10日までにSPLA流通会社へ発注願います。

SPLAライセンスの流れ

サービスプロバイダー様、レンタル業者様は、弊社(SPLA流通会社)を経由して、契約を締結いただき、必要なライセンスを毎月購入いただきます。また、サービスプロバイダーライセンス契約の商流は、マイクロソフト社・ソフトバンク コマース&サービス・サービスプロバイダー様となり、その間に他の法人様が経由することはできませんのでご了承願います。

SPLAライセンスの流れ

[SPLA流通会社]ソフトバンク コマース&サービス SPLA相談センター

サービスプロバイダーは、サービスプロバイダーライセンス契約をマイクロソフトとSPLA流通会社を経由して締結します。ライセンス価格や発注方法等については指定されたSPLA流通会社より提示されます。

[ソフトウエアサービスリセラー(SSR)]

サービスプロバイダーは自社の責任においてソフトウエアサービスリセラー(以下SSR) を通じてエンドユーザへのサービスを提供・再販することができます。このサービスの提供・再販される会社をSSRと呼び、一階層まで設けることができます。SSRはサービスプロバイダーとのSSR契約の元、ライセンスの再使用許諾を受けることにより、マイクロソフトと直接契約を締結することなくサービスプロバイダーライセンスを用いてサービスを提供することができます。サービスプロバイダーはSSRの販売するライセンスを取りまとめ、SPLA流通会社に報告します。

SPLAライセンス購入例

1.Windows ServerでRemote Desktop Servicesを利用する場合

1.Windows ServerでRemote Desktop Servicesを利用する場合

Windows Server プロセッサライセンスとともに Windows Server Remote Desktop Services SAL をご選択いただきます。

2.SQL Server を DB Server で利用する場合

2.SQL Serverを DB Serverで利用する場合

Windows Server プロセッサライセンスとともに SQL Server SAL ・SQL Server Core ライセンス・SQL Server プロセッサライセンスをご選択いただきます。※プロセッサライセンスのご提供は 2012年12月末までとなります。

3.レンタルPCでOfficeを利用する場合

3.レンタルPCでOfficeを利用する場合
3.レンタルPCでOfficeを利用する場合

Windows とOfficeの両方のライセンスが必要となります。WindowsクライアントOSのSPLAの利用はPCレンタルする形態のみの利用が許諾されてます。レンタルPCにOEMライセンスが搭載されていることが前提になります。デバイスSALの提供となります。
※SPLAでは仮想環境へのWindowsクライアントOSのインストールや、ホスティングによるサービス提供は許諾されてません。VDAのお取り扱いに関しては別途お問合わせください。
※レンタルでのお取り扱いの際は、別途変更覚書のご契約が必要です。

4.Windows Serverを仮想環境で利用する場合

適用基準
エディション
1ライセンスにて使用可能なインスタンス数
(物理プロセッサ単位)
追加ライセンス
物理OS環境 仮想OS環境
Windows Server Standard 1 1 仮想OSインスタンスを1つ追加するごとに、
1プロセッサあたり1プロセッサライセンスが必要
Windows Server Datacenter 1 無制限 仮想 OS インスタンスは物理 CPU 分のライセンスを
報告いただけば無制限に利用可能

5.SQL Server 2012を仮想環境で利用する場合

ライセンス種別
エディション
SAL コアライセンス
提供 提供 サーバ上の物理コア
(サーバ上の物理コア数×コア係数)
個別の仮想OSE
SQL Server 2012 Enterprise × 1つの物理OSE+無制限の仮想OSE 各仮想OSE内の仮想コア数と
同じ数のライセンスが必要
SQL Server 2012 Standard 1つの物理OSE
SQL Server 2012 Web × 1つの物理OSE
SQL Server 2012 Business Intelligence × 該当せず 該当せず

※SQL Server 2012 は 2 Coreライセンスパックとなっております。各ライセンス 4 Coreライセンスからのご購入となりますので、ご注意願います。
※2008環境でご利用の場合は別途お問い合わせください。

その他、SPLAに関する最新情報はマイクロソフト公式サイトにてご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせ

SPLA 相談センター Email: sbbmb-sbb-spla@g.softbank.co.jp
電話番号: 03-6858-5814 (受付時間:9:30-12:00、13:30-17:30 ※土日祝日、弊社指定休業日は除く

本サービスに関するお問い合わせは、以下のフォームよりご連絡ください。

※インターネットからのお問い合わせはすべて拝見させていただきますが、内容によっては返答できかねることがございますのであらかじめご了承ください。
※お客様からの製品の開発や企画に関するご提案等は、承っておりませんので何とぞご了承ください。
※個人情報に関するポリシーは、こちらをご覧ください。
※新規お取引に関する申請は、お申し込みページをご利用ください。

※サービス内容および提供条件は、改善等のため予告なく変更することがあります。
※当ウェブサイトに掲載したすべての著作権は、当社あるいは各社に帰属します。
※当ウェブサイトに表示・記載されている各社の会社名・サービス名・製品名等の商標は、各社の商標、または登録商標です。