スマートフォン向け表示へ戻る

IT-EXchange

サイトマップ
文字のサイズ
小
中
大
ホーム > ハイパーコンバージドインフラ

ハイパーコンバージドインフラ

ハイパーコンバージドインフラとは?

ハイパーコンバージドインフラ(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)とは、サーバー仮想化に必要な主要コンポーネントを1つの筐体にまとめ、ソフトウエアを用いてそれらコンポーネントの統合を実現しているものです。以前より提供されているコンバージドインフラの発展形ともいえますが、ソフトウエアによる統合管理など異なる面も多く、そのため「ハイパー(超)」がつけられ別の様式としてカテゴライズされています。

ハイパーコンバージドインフラ

ハイパーコンバージドインフラの導入メリット

ハイパーコンバージドインフラの導入にはさまざまなメリットがありますが、大きなメリットをいくつかご紹介します。

省スペースコンパクト

省スペース・コンパクト

共有ストレージが不要となり、また複数のサーバーノードを集約することができるため、占有していたラックスペースを大幅に削減することができます。

スケールアウトが容易に

スケールアウトが簡単に

今までの環境ではサーバーノードが増えると、ストレージのパフォーマンスにボトルネックが生じていたが、HCIでは、ストレージとノードが一体化しているため、垂直型にスケールアウトが可能です。

管理の効率化

管理の効率化

各メーカーから提供される統合管理ツールを利用することで、従来までのノードのインストール作業、SANスイッチのゾーニングなどを一括で行うことができ、面倒なキッティング作業が無くなります。

取り扱いブランド(アルファベット順)

Hewlett Packard Enterprise
Hewlett Packard Enterprise(準備中)
業界トップクラスのシェアを持つProLiantサーバーだから安心!ハードウエアからソフトウエアまでワンストップ保守を実現するハイパーコンバージド

Nutanix
Nutanix
ノード間共通のストレージプールを構築し、各ノードのリソースを最適な形で利用できる完全統合型のハイパーコンバージドインフラを提供

ストレージのいろは

お問い合わせ

本サービスに関するお問い合わせ(法人のお客さま専用)

以下のフォームよりご連絡ください。

  • ※サービス内容および提供条件は、改善等のため予告なく変更することがあります。
  • ※本サイトに掲載した全ての著作権は、当社あるいは各社に帰属します。
  • ※本サイトに表示・記載されている各社の会社名・サービス名・製品名等の商標は、各社の商標、または登録商標です。