IT-EXchange

Adobe

Acrobat DC グループ版

新しいAcrobatで、PDFの共有とレビューがより簡単に

この製品の販売・導入を検討されている方はこちらからお問い合わせください。

Adobe AcrobatとPDFについて

PDF(Portable Document Format)とはアドビが世界で最初に開発したデジタルドキュメントフォーマットです。AcrobatおよびAcrobat Readerは、PDFの生みの親であるアドビが開発した最高品質のドキュメントソリューションです。これらを組み合わせれば、信頼性の高いPDFを作成し、どんなデバイスやOSでも正確に表示できます。全世界で普及しているAcrobat Readerでの関覧が保証されているのは、Acrobatをはじめとするアドビ製品で作成したPDFだけです。

動画で見る

ビジネスにAdobe Acrobatが必要な理由

どんなデバイスやOSでも文書を正確に表示

「送った資料が文字化けした」「バージョンの違いでファイルが開けなかった」という経験はありませんか。
Acrobatは、PDF(Portable Document Format)の生みの親であるアドビが開発したドキュメントソリューションです。
Acrobatで作成した信頼性の高いPDFなら、デバイスやOSの違いに関わらず、文書の書式や体裁を保持したまま正確に表示、印刷することができます。

大切な文書やデータを保護するセキュリティ

「文書の改変を防ぐためにPDFで配布したい」。
しかし、適切なセキュリティ設定がなされていなければ意味がありません。
Acrobatのセキュリティ機能を使えば、PDFの閲覧、編集、印刷などの操作を細かく制限できるので、情報の漏えいや不正な改ざんを防止できます。
また、PDFツールとしては唯一、アプリケーションセキュリティ(サンドボックス技術)を採用しており、PDFを悪用したサイバー攻撃からシステムやデータを保護します。

業務効率化に役立つ充実の機能

AcrobatはPDFを作成するだけのツールではありません。
スキャンやカメラで取り込んだ紙の文書をOCR処理で文字検索ができるようにしたり、PDF内のテキストや画像を変更したり、あるいは書き出して再利用したりすることもできます。
また、クリックひとつでPDFをクラウドに保存し、簡単に他者と共有することも可能。
共有相手は無償のAcrobat ReaderやWebブラウザーで閲覧できますので、相手にソフトウエアインストールなどの負担をかけることなく、共有することができます。

Acrobatのキホン機能

世界中の500万以上の組織が、最もスマートなPDFの作成と編集、PDFからMicrosoft Office形式への変換などにAcrobat DCを使用しています。移動中に複数の場所にいる同僚と共同作業する必要がある場合でも、タイミングを逃さずに多くの仕事をこなすことができます。

  1. 01PDFを作成

    Office文書をはじめとするさまざまな形式のファイル、スキャナー、Webページから、高品質で信頼性の高いPDFを作成できます。1度の操作で、複数のファイルを1つのPDFに結合することも可能です。

  2. 02PDFを変換

    フォント、書式、レイアウトを保持したまま、PDFをWord、Excel、PowerPointのファイル形式に書き出せます。Officeアプリケーションで開いた際に、情報の再入力や書式の再設定は不要。そのまますぐに編集を開始できます。

  3. 03PDFを編集

    元文書のレイアウトや書式を保持したまま、PDF上テキストや画像の編集が行えます。編集機能が強化されたことにより、WordやPowerPointで設定された箇条書きや文字列の折り返しなども保持され、テキストの編集が簡単に行えます。

  4. 04PDFを共有

    Acrobatの「送信とトラック」機能なら、大容量のファイルをドキュメントクラウド経由で共有でき、相手がファイルにアクセスしたかどうか、トラックすることも可能です。チーム内のドキュメントワークフローをさらに効率的に。

  5. 05PDFに署名

    Adobe Signで100%デジタル化された署名ワークフローでは、法的に有効な署名を付与して契約書をすばやく、簡単に送信、取得できます。新入社員の入社手続やシステムへのアクセス承認の効率化も可能。かつてないほどのプロセスの効率化を実現します。

Adobe AcrobatとDocument Cloudでできること

移動中でもプロジェクトを動かし続けます

AcrobatとDocument Cloudの結合により、どこからでも作業を継続できます。例えば今までデスクトップで作業していたPDFのレビュー作業をそのまま外出先のモバイルデバイスで継続することが可能です。

ドキュメントのレビューを簡単にします

ドキュメントのレビューはメールと同じくらい簡単に行うことができます。受信者はリンクをクリックするだけでファイルを開いてコメントすることができます。

モバイルデバイスを本格PDFツールへ

Acrobat DCモバイル版アプリを活用することで、お手持ちのモバイルデバイスを強力なビジネスツールとして活用することができます。
ファイルを共有する前に、外出先で誤字を修正。テキストの編集、ページの並べ替え、削除、回転も行えます。

どこでも、誰でも、すばやく署名

新しい「Adobe Sign」機能を使用して、どのデバイスからでも署名の依頼をメールですばやく送信し、送った相手がいつ文書を開いたか、いつ署名したかなどの進捗を確認できます。
受信者はデバイスやOS、アプリにかかわらず、Webブラウザで簡単に署名を記入できます。

動作環境

動作環境の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

Acrobat 旧バージョンサポート終了のお知らせ

Acrobat DC 2015(永続版)は2020年7月7日に
Acrobat 2017は2022年6月6日に
それぞれセキュリティアップデートのサポート終了を予定しています。
安心してお使いいただくためにも最新版(サブスクリプション版Acrobat DC)のご購入をお勧めします。

acrobatdc_img09.png脆弱性が見つかっても、それを修正するセキュリティパッチが提供されず、無防備で危険な状態に acrobatdc_img10.png攻撃者の標的となり、不正なプログラムを詰め込んだファイルを送られ、開いてしまう可能性もある acrobatdc_img11.png不正なファイルなどからウイルスに感染したPCを介して、社内や取引先のPCにも悪影響を与えることも

プランと価格

主なプラン 通常価格
Acrobat Pro DC グループ版 年間22,560円(月額換算1,880円)
Acrobat Standard DC グループ版 年間20,160円(月額換算1,680円)

Acrobat DCグループ版 導入メリット

低い初期費用で、予算管理も容易

年間契約(サブスクリプション)プランのため、予算が立てやすく、初期費用を低く抑えられます。経費計上できるため、資産計上は不要です。VIP契約なら、企業の予算サイクルに合わせて、13カ月から最長36カ月(官公庁は最長48カ月、教育機関は60カ月)までご希望の導入期間および契約応答日(更新日)を選択できます。

柔軟かつ簡単なライセンス管理

ライセンスは個人ではなく会社に紐付いているため、組織の変化に応じて利用者を自由に変更できます。ライセンスの追加、割り当て、付け替えを1つの管理ツール(Admin Console)から行えるだけでなく、購入履歴や利用状況を常に把握できるので、コンプライアンスを担保できます。

使いたい時に、すぐに使える

Admin Consoleから必要な時に必要な数のライセンスを追加し、メンバーに割り当てればすぐにAcrobatを利用できます。従来のように面倒な手続きは不要。注文から納品までのタイムラグがなくなり、プロジェクトを滞りなく進めることができます。

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

資料ダウンロード

  • 資料名:Acrobat DC 総合カタログ

    Adobe Acrobat DC の総合カタログ。 Acrobatの主な機能、Pro/Standardの機能比較、購入プランなどをわかりやすく解説しています。

  • 資料名:Adobe Document Cloudを使いこなして働き方をデザインしよう!

    Adobe Document CloudはMicrosoft Office 365と緊密に連携し、両製品の組み合わせが文書作成から共有、管理までのドキュメントワークを効率化します。本コンテンツは Document Cloudが実現する、PDFやワークフロー、電子サインなどの機能およびサービスによって、紙を使わない100%デジタルの働き方の提案資料です。

  • 資料名:Adobe Acrobat DC製品比較

    Acrobat Pro DCサブスクリプションと以前のバージョンの機能の違いをご確認ください。

よくある質問

Acrobat DCのサブスクリプションには何が含まれていますか。

Acrobat ProまたはAcrobat Standardのデスクトップソフトウエア。将来の機能アップデートと四半期ごとのセキュリティ強化と修正が含まれています。
Adobe Document Cloudサービス。 Acrobat Readerモバイルアプリまたはwebブラウザーを使って、オンラインでのファイル保存や共有など、PDF文書に欠かせない操作をおこなえます。Document Cloud サービスは、文書の送信、電子サインおよびトラックのためのワークフローにも対応します。
Adobe Signサブスクリプション。法的拘束力のある電子サインおよび電子署名を、あらゆるデバイスからスワイプとタッチ操作で収集したり、署名したりできるソリューションです。

Adobe Document Cloud は安全ですか。

はい。アドビにとって、デジタルエクスペリエンスのセキュリティは最重要課題です。ID管理、データの機密性または文書の整合性に関して、Adobeはお客さまの文書、データ、個人を特定する情報を保護するための業界標準のセキュリティ対策を実装しています。アドビのセキュリティへの対応「Adobe Secure Product Lifecycle」またはAdobe Document Cloudソリューションのセキュリティについて詳細は メーカーサイトをご覧ください。

Acrobatは永続ライセンスで購入は可能ですか。

最新版のAcrobatはサブスクリプションのみで提供されています。
永続ライセンスでは2017年発売のAcrobat 2017を購入可能です。
(※Acrobat 2017は、2017年6月発売、2022年6月サポート終了)
Acrobatは、新機能の追加とサポートが継続的に提供されるAcrobat DC(サブスクリプション)でのご購入を推奨しております。

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。