IT-EXchange

Adobe

Adobe Sign

電子サインで業務の継続性を維持

Adobe Signでビジネスを止めない

電子サインを簡単に追加し、ワークフローをスピードアップします。Adobe Signなら、社員は個々の署名者や受信者に向けて自動化された署名プロセスをクリックするだけで即座に開始できます。お客さまや利用者はどこからでもタップするだけで文書に署名できます。

Adobe Signを導入する理由

業務効率化

PCやモバイルデバイスがあればどこにいても署名ができるため、契約・承認作業がわずか数分で完了できます。
出張中の上司の戻りを待つ必要はありません。

プロセス可視化

署名プロセスの状況をクラウドで追跡してリアルタイムに確認できるため、プロセスの遅延を未然に防ぐことができます。

BCP対策にも有効

場所の制約を受けず署名がおこなえ、また文書はクラウド上に安全に保管されるため、BCP(事業継続計画)対策にも有効です。

コスト削減

契約を電子文書で取り交す場合は印紙税がかかりません。
郵送や印刷にかかるコストも削減でき、また膨大な紙の書類を保管するスペースも不要になります。

法的に有効

Adobe Signの電子サインは電子署名法における「本人性の確認」と「非改ざん性の確保」の法的要件を満たしています。
本人認証については、メールアドレスによる認証に加え、パスワードや登録済み電話番号に送信されるワンタイムパスコードによる2段階認証にも対応しています。

既存システムとの連携

顧客の組織で既にお使いのシステム、プロセス、アプリケーションにAdobe Signの機能を容易に追加・統合することができます。
社内業務から対外的なやり取りまで一気通貫で電子化!

署名依頼のステップ

Adobe Signなら、文書の送信から署名、返信まで、わずか数分

  1. 01送信

    署名者のメールアドレスと署名欄などを設定し、アップロード。

  2. 02受信

    PCやスマホでメールを受信。
    リンクをクリックして文書を開く。

  3. 03署名

    文書の内容を確認し、署名フィールドに入力または手書きでサイン。

  4. 04完了

    署名が完了すると署名済み文書がクラウドに保存され、依頼者に通知のメールが届く。

導入事例

ソニー銀行株式会社さま

一件あたりの契約処理時間を短縮した結果、より多くの契約締結を実現

同社の主力商品の1つである住宅ローンの契約手続きを、Adobe Signを用いて電子化。
従来2~3週間要していた契約締結までの期間が、最短で1時間程度に短縮できました。
また、1 0%の業務コストカットに加え、印紙代や印鑑登録証明書の交付費用などのお客さま負担もなくなり、結果、契約締結件数の増加につながっています。

アットホーム株式会社さま

電子サインソリューションで不動産管理業務を効率化

賃貸物件の契約更新手続きに、Adobe Signによる電子サインソリューションを活用。
これまで多大なコストと労力を要していた契約書類の郵送作業が不要に。
また管理画面で契約書類のステータスをリアルタイムに確認できるため、紙の書類を保管したり探し出したりする手間がなくなり、契約管理業務の大幅な効率化を実現しています。

パーソルホールディングス株式会社さま

業務システムとAdobe Sign の連携で契約業務を完全自動化

同グループ会社が運営する転職求人サービスの契約管理システムに、APIを通じてAdobe Signを連携させ、申し込み完了後の候補者検索、面接オファー、面接スケジュールの確定、さらにこれまで紙でおこなわれていた契約書の送信から署名後の処理までを完全自動化。
1件あたり15分かかっていた契約書管理工数がほぼゼロになりました。

GENIEE INTERNATIONALさま

Adobe SignでIPO後の複雑な署名ワークフローを自動化、国際展開を加速

上場(IPO)後、国際展開の加速に大きな貢献をしました。海外各担当部門、管理部門、法務部門、決裁者など、複数の関係者がかかわる同社の署名ワークフローにAdobe Signを活用。
ワークフローデザイナー機能を使って、誰がどのような権限を持って、どの順番で文書を回すかなどを簡単に設定し、毎回自動的に実行。紙で回していた頃と比べて数十倍スピードアップし、機会損失のリスクが圧倒的に減少しました。

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

資料ダウンロード

  • 資料名:スタートガイド

    ・署名を依頼する(依頼者)
    ・文書に署名する(署名者)
    ・文書を管理する(管理者)

  • 資料名:電子契約導入ガイド

    これから電子契約を導入される方、または導入を検討されている方の疑問や不安について、弁護士・税理士の監修をもとにお答えします。

    ケインズアイコンサルティンググループ 顧問弁護士
    森本 裕己 氏(法律事務所 絆)
    ケインズアイコンサルティンググループ代表 税理士
    甲斐 浩一 氏

  • 資料名:VIPプログラム

    Adobe Signを企業で効率的かつ費用対効果の高い方法で導入・運用していただくために、シンプルで柔軟なプログラム アドビバリューインセンティブプラン(VIP)での購入をお勧めします。

FAQ

契約書に押印をしなくても、法律違反にならないですか?

私法上、契約は当事者の意志の合致により成立するものであり、書面の作成及びその書面への押印は、特段の定めがある場合を除き、必要な要件とはされておりません。

「電子署名」と「電子サイン」の違いは何でしょうか?

電子署名は、電子における個人を証明するための実印のようなものです。デジタルIDの発行には認証機関における審査があり、コストもかかるものとなります。
電子サインは、クラウドサービスによる認証やドキュメントの保管、証跡などを使い、本人生徒非改ざん性を証明するものです。
Adobe Signでは、標準で電子サインを使用し、オプションとして電子署名を組み合わせてご利用いただくことが可能です。

Acrobat DCの署名機能とAdobe Signに違いはありますか?

Acrobat DCの署名機能は、Adobe Sign個人版と同様の機能を提供しています。
▽詳しくは下記プラン別機の比較表をご確認ください。
https://acrobat.adobe.com/jp/ja/sign/pricing/compare-plans.html

クラウドに保存された書面の保存期間に制限ありますか?
また、サービスの利用をやめた場合、過去に契約した文の書類はクラウド上から閲覧できなくなるのでしょうか?

契約期間中はシステム側でデータを削除するプロセスはなく、保管期間の制限もありません。
サービス利用終了後、30日間は管理者権限を持つユーザーのアクセスは可能ですが、それ移行はアクセスできません。
閲覧できる期間内に、監査レポートを配置した最終版の書類をダウンロードしていだだくなどの作業が必要となります。

Adobe Signでは、社外の署名者にもライセンスが必要でしょうか?
また、署名者にもシステムのインストールなどが必要でしょうか?

Adobe Signから発信した署名依頼において、承認者や署名者はライセンスを必要といたしません。
署名の発信者(Adobe Signへユーザー登録され、ログインを行うユーザー)のみがライセンスを所有する必要があります。

Adobe Sign モバイル版アプリとは何ですか?

Adobe Sign モバイル版アプリは、Android および iOS デバイスに対応した無料アプリです。
このアプリを使用すれば、外出先でビジネストランザクションを行えます。

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。