Bricsys Japan

BricsCAD BIM

DWGプラットフォームをベースに初期設計、BIM、ファブリケーションを単一のワークフローに統合

経営者にコストダウンで選ばれ
技術者に互換+高機能で選ばれる

BricsCADは、2D・3D・BIM・Mechanicalといった幅広い業種の図面やモデルを、業界標準の.dwgファイルという一つのプラットフォームで作成ができる唯⼀無⼆の.dwg互換CADシステムです。その高い品質と機能性を魅力的な価格で提供してきたことにより、全世界で約45万本が利用されるまでとなっています。※ 2021年時点

BricsCADをご利⽤いただくことで、多くの.dwgファイル資産を継承しながら、2次元設計から3次元設計への移行による設計手法の移行や、『永続ライセンス』や『ネットワークライセンス』、『教育ライセンス』、『サブスクリプション』といった豊富なライセンス形態によって、コスト削減と柔軟な運用ケースへの対応を現実的なものとして検討していただけます。

BricsCAD BIMのご紹介

CADからBIMへの最も簡単な移行

CADユーザーは、設計環境からBricsCAD BIMにシームレスに移行することができます。
ソフトウエアトレーニングへの費用負担が少なく移行時のパフォーマンス低下を回避できるため参入への壁が非常に低くなります。

デザインからBIMへ

柔軟でダイレクトなモデリングツールと、プロフェッショナルなCAD製品を同じDWGプラットフォームで実現しています。設計形状を直接BIM要素に変換することができます。

BIMの新たな可能性

BricsCAD BIMでは最初に設計が決定されAIアルゴリズムによってBIMデータや詳細レベルの操作など手のかかるタスクを自動化します。

BIMからファブリケーション

これはBricsCAD Ultimateプラットフォームと呼ばれる継続的な詳細レベルの開発により設計BIM製造を単一のプロセスに組み込み共有されたDWGプラットフォーム上に統合したワークフローです。

自由なコラボレーション

BricsCAD BIMは、グローバルでオープンなスタンダードをサポートし、拡張された設計/構築チーム全員との円滑なコラボレーションを保証します。SaaSベースの共通データ環境システム(CDE)であるBricsys 24/7を、モデルの共有およびプロジェクトコミュニケーションのハブとして追加してください。

スキャンデータをBIMへ

リノベーションに点群を使うことで、エンドツーエンドのワークフローの輪が広がります。ダイレクトモデリングツールの柔軟性を活用して、既存の条件での正確なモデルを作成できます。

BricsCAD BIMの特長的な機能

馴染みのあるDWGプラットフォームをベースに、初期設計、BIM、ファブリケーションを
単一の継続的に発展するワークフローに統合するという、根本的に異なるBIMのビジョンを持っています。

  1. 01IFC 4.0とBCF

    BricsCAD BIMの基礎となるデータベースは、OpenBIM Industry Foundation Classes(IFC)4.0スキーマと1:1の直接マッピングです。設計上の問題の表示と解決のためのBIMコラボレーションフォーマット(BCF)など、製品全体でオープン標準をサポートしています。

  2. 02RVTの読み込み

    A.I. ツールの機能を活用して、コンセプトスタディモデルを完全分類BIMモデル(LOD 200)に自動的に変換します。その後、BricsCAD BIMのA.I.のワークフローを活用して、BIMのLODを継続的に増やします。

  3. 03Trimble Sketchupから直接読み込み

    SKPファイルをBricsCAD Shapeで読み込むと、自動的にソリッドにステッチされます。BricsCAD Shapeは、読み込み用のSKPファイルの最新バージョンをサポートしています。

  4. 04建設用の点群

    施工時および建築の完了後にBIMと竣工図の条件を照合するには点群を使うのが最適です。

  5. 05リノベーションのための点群

    リノベーションに点群を使用することで、既存の状態を正確に把握するために必要な柔軟性が得られます。

価格 BricsCAD BIM

1年サブスクリプション 永久ライセンス(初回購入時のみ) ネットワーク
¥154,000 ¥205,000 ¥399,750

※ Bricsys Japan社の製品は全て、シングルライセンスおよびネットワークライセンスでご利用いただけます。

動作環境

動作環境の詳細はメーカーサイトでご確認ください。

メーカーサイトで確認する

導入事例

マツダ株式会社さま

マツダにおいて、2Dと3Dの連携を実現

BricsCADは、2Dから3D設計ワークフローへのスムーズな移行を可能にすることにより、マツダのグローバルな車両生産施設の拡張を支援しています。

日鉄テックスエンジ株式会社さま

日鉄テックスエンジ、「将来性のある」BricsCADで設計を推進

日鉄テックスエンジは、鉄鋼プラント建設を中核事業とするエンジニアリング会社です。同社は、2D、3D、BIMの間でBricsCADが完璧にインタラクティブであることを大変気に入っています。

株式会社タカミヤさま

タカミヤグループ、BricsCADで価値を構築

タカミヤグループは、ASEAN地域で足場や支保工の設計、建設、レンタルに携わっています。同社の成長戦略の原動力は何でしょうか?BricsCAD Proの永久ライセンスにより節約される費用です。

STRABAG SE社さま

STRABAG SEでは、建設の全工程でBricsCADを使用しています。

オーストリアの大手建築・エンジニアリング企業であるSTRABAG SE社は、信頼できるCADソフトウエアとしてBricsCADを選択しました。

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

関連資料ダウンロードはこちら

  • 資料名:BricsCADのご紹介

    永久ライセンスで利用可能な世界品質の互換CADです。

  • 資料名:AutoCAD互換

    ランニングコストをかけずに永久ライセンスで導入するなら、AutoCADと高い互換性のBricsCADがおすすめです。

  • 資料名:BricsCADの入手とインストール

    ユーザー登録とダウンロードについてご案内します。

  • 資料名:BricsCAD操作ガイド

    ユーザー登録とダウンロードが完了しましたら、使ってみましょう。

  • 資料名:BricsCADマイアカウント

    ウェブサイトbricsys.comにユーザー登録すると利用できるオンラインのユーザー管理サイトです。

  • 資料名:BricsCAD Product information

    BricsCADの主要プロダクトをご紹介します。(AutoCADとの主要機能比較、コスト比較)

よくいただくご質問

AutoCADからBricsCADへの移行は大変ですか?

Bricsysは、AutoCAD DWG互換ライブラリの提供元としてデファクトスタンダードな団体となっているOpen Design Alliance(ODA)の創立メンバーであるため、互換性の問題やシステム間のデータの損失について安心してご利用いただけます。BricsCADで保存した高品質なDWGファイルは、他のDWG対応CADシステムでも開くことができます。また、BricsCADは、AutoCADと機能や作図環境、カスタマイズについて非常に高いレベルでの互換性を備えているため、AutoCADで作成したツールバー、リボンメニュ、印刷設定、テンプレート、シートセット、LISPルーチンなど、さまざまなリソースをそのまま、あるいは小さな変更で活用し続けることができます。

「永久」ライセンスとはどういう意味ですか?

ご購入いただきましたBricsCAD「永久」ライセンスの使用期間に制限は設けられておりません。BricsCAD「永久」ライセンスは、月額または年額料金なしでご購入時のバージョンを継続してご利用いただけます。
ご注意:ご購入いただきましたバージョンの推奨環境内でのご利用となります。OSのサポート期間終了等で推奨環境が維持できなくなりました場合のご使用を保証するものではございません。また、古いバージョンのサポート対応につきましては、別途オプションでご用意しているBricsCAD Maintenanceをご購入いただくことで、最新バージョン含む3世代のバージョンをサポートいたします。

BricsCADライセンスキーを2台のマシンで使用できますか?

はい、シングルユーザーBricsCADライセンスを所有している場合は、2台のマシンにインストールできます(例:職場や自宅のラップトップコンピューター上のデスクトップPC)。その為、シングルユーザーライセンスご購入後にマイアカウントでご所有のライセンスを確認いただくと、Seat数が“2”となっています。
ご注意:このデュアルインストールオプションは、ボリュームまたはネットワークライセンスには適用されません。

BricsCADネットワークライセンスとは何ですか?

ネットワークライセンスは、同じTCP/IPネットワーク上の多くのユーザーがBricsCADライセンスの共有プールにアクセスすることを可能にします。BricsCADはReprise NLM(ネットワークライセンスマネージャー)を使用します。週の内の数時間しかCADをご利用いただかないユーザーが多数いらっしゃるお客さまに最適なライセンス形態です。
お客さまはご購入されたシート数を最大同時利用ユーザーとして、社内の多くの利用者に提供することができます。

アドオンプログラム向けのAPIはありますか?

LISP / DCL / COM / C++ベースの(BRX/TX) / .NET / VBA / DIESELなどのAPIを利用できます。
LISP/DCL/COM/TX/DIESELについてはLITE以上の製品で利用でき、BRX(C++) or TX/.NET/VBAについては、PRO以上の製品で利用できます。
また、多くのAPIはAutoCADのAPIと互換があります。

BricsCAD Maintenanceとは何ですか?

BricsCAD永久ライセンスを最新の状態に保つための年額オプションです。BricsCAD Maintenanceをご購入いただくことで、いつでも最新バージョンへアップデートや最新バージョン含む3世代のバージョンをサポート、サポートリクエスト時の優先サポート等の特典をご提供します。また、将来的には専用プラグインストアからMaintenanceをご購入者限定のプラグインのご提供を予定しております。

お役立ち情報

BricsCADをより知っていただく情報をお伝えします

  • BricsCAD Maintenance

    最新の製品機能とワークフローをキープしながら最新情報を入手する、最も安価な方法です。

  • Communicator for BricsCAD

    高機能な3D CADデータの読み込み/書出しを実現。無料でCommunicatorをお試しください。

  • Bricsys 24/7

    ドキュメント管理とワークフロー自動化のためのクラウドベース(SaaS)コモンデータ環境(CDE)です。

  • BricsCAD Customer Cases

    BricsCADをご活用いただいている企業さまの世界の事例をお伝えします。

  • BricsCAD(Bricsys)の中の人(BricsCAD note)

    Bricsys Japan社がBricsCADのnoteを開設いたしました。CADに関わられている皆さまとこのnoteを通じてコミュニケーションが図れたらと思います。

  • AutoCADの代替品以上の価値を

    .dwgとの互換性、柔軟なライセンス体系、優れたパフォーマンスを備えたコストパフォーマンスの高いCADソフトウエアであるBricsCAD。

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。
※ 文中の社名、商品名などは各社の商標または登録商標である場合があります。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。