IT-EXchange

製品名:
FUJITSU Software Enterprise Postgres

富士通

FUJITSU Software Enterprise Postgres

OSSのPostgreSQLをベースに「セキュリティ」「性能」「信頼性」を強化したデータベース

Enterprise Postgresとは

Enterprise Postgresは、エンタープライズ領域で安心して利用できるPostgreSQLデータベースです。
オープンスタンダードなPostgreSQLをベースに富士通が「セキュリティ」「性能」「信頼性」を強化し、よく使われるOSS周辺ツールもひとつのパッケージに集約したデータベース製品です。
また、周辺ツールやPostgreSQLまで、ワンストップで24時間365日保守サポートし、お客さまのあんしん運用を支えます。

動画で見る

オープンスタンダードなPostgreSQLを富士通が強化

PostgreSQL と 富士通

富士通は2003年よりPostgreSQLコミュニティ活動に参加し、各種機能の開発に貢献。また国内の利用者コンソーシアムにも設立時から参画し、共同検証やコミュニティへのフィードバックを推進しています。
そういった貢献から、富士通はPostgreSQLコミュニティのMajor Sponsorsに選ばれています。

信頼性・性能の強化とワンストップサポート

Enterprise Postgresは、これまで富士通が培ってきたデータベース技術を投入し、信頼性・性能を強化しています。エディションは3つあり、ご要望に合わせてご選択いただけます。
また、周辺ツールやPostgreSQLまで、ワンストップで24時間365日保守サポートし、お客さまのあんしん運用を支えます。

サブスクリプションライセンスなので、価格は一定

Enterprise Postgresのライセンス体系は、プログラム使用権とサポートサービスが含まれたサブスクリプションライセンスです。そのため、例えば5年使用する場合でも初年度から価格は一定です。また、必要な分だけ購入できるので、スモールスタートで導入後、必要に応じてライセンスを追加していく運用にも最適です。

エンタープライズ領域で安心してご利用いただける機能とは

オープンソースソフトウエア(OSS)のPostgreSQLをベースに富士通が培ってきたデータベース技術で「セキュリティ」「性能」「信頼性」を強化

  1. 01周辺OSSを同梱(スピーディーな導入)

    お客さまから要望の多いOSSを検証済みの状態で同梱、構築時の検証作業を軽減。また、構築から運用まで富士通がトータルにサポート。 (Advanced Edition/Standard Editionに搭載。エディションについては製品体系エリアを参照。)

  2. 02透過的データ暗号化(強固なセキュリティ)

    格納データ、バックアップデータを、アプリケーションを修正することなく透過的に暗号化できます。暗号化レベルはクレジットカード業界のセキュリティ標準であるPCI DSSに対応。(Advanced Edition/Standard Editionに搭載。)

  3. 03インメモリ機能(大量集計を実現する性能)

    ロー型データとカラム型データの両立により、オンライン業務中の高速集計を実現します。(Advanced Editionに搭載。)

  4. 04データベース二重化(業務継続の信頼性)

    プライマリーサーバーとスタンバイサーバーが相互監視することで、プロセスダウン、ディスクなどの障害を検知。プライマリーサーバーで異常が発生した場合は自動的にスタンバイサーバーに切り替えて業務を継続できます。(Advanced Edition/Standard Editionに搭載。)

製品体系

種別 製品名 説明
メディア Enterprise Postgres Community Edition メディアパック(64bit) インストール用媒体
サブスクリプション&サポート Enterprise Postgres Community Edition コアライセンス(SL&S) 運用系サーバー用
Enterprise Postgres Community Edition コアライセンス 待機サーバー(SL&S) 待機系サーバー用
メディア Enterprise Postgres Standard Edition メディアパック(64bit) インストール用媒体
サブスクリプション&サポート Enterprise Postgres Standard Edition コアライセンス(SL&S) 運用系サーバー用
Enterprise Postgres Standard Edition コアライセンス 待機サーバー(SL&S) 待機系サーバー用
メディア Enterprise Postgres Advanced Edition メディアパック(64bit) インストール用媒体
サブスクリプション&サポート Enterprise Postgres Advanced Edition コアライセンス(SL&S) 運用系サーバー用
Enterprise Postgres Advanced Edition コアライセンス 待機サーバー(SL&S) 待機系サーバー用

※「メディアパック」「コアライセンス(SL&S)」「コアライセンス 待機サーバー(SL&S)」はそれぞれWindowsとLinux版があります。
※「メディアパック」の購入は必須です。インストールの際に必要になります。
※「コアライセンス(SL&S)」および「コアライセンス 待機サーバー(SL&S)」は搭載コア数分必要です。

動作環境

動作環境の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

Enterprise Postgresのカタログ&資料

  • 資料名:カタログ

    Enterprise Postgresのカタログです。

  • 資料名:ご紹介資料

    Enterprise Postgresのご紹介資料です。

よくあるご質問

必要ライセンスはどのようにカウントしますか?

まず、ライセンスは「コアライセンス(SL&S)」と「コアライセンス 待機サーバー(SL&S)」があります。それぞれ、使用するサーバーの搭載コア(仮想サーバーの場合は割り当てコア)数分必要です。

使用開始する際に必要なものはなんですか?

必要数および必要期間のサブスクリプションライセンス&サポート(SL&S)とメディアパックです。「メディアパック」は、インストールの際に必要になります。

契約したサブスクリプションライセンス&サポート期間終了後も使用できますか?

いいえ、ご使用いただけません。契約いただいた期間の終了時には、アンインストールとアンインストール証明書のご提示をお願いします。

体験版はありますか?

はい。下記からダウンロードできます。初回起動から90日間使用できます。
メーカーサイトで確認する

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。