インターナショナルシステムリサーチ

CloudGate UNO

クラウドサービスへセキュアに1度でログイン。
アクセスコントロールで安全・便利なリモートワークを実現

一人ひとりに快適なクラウド認証を

「CloudGate UNO」は高度なセキュリティと高い信頼性のアイデンティティ管理プラットフォームです。今必要なリモートワークを強固な認証を備えたシングルサインオンとパスワードレス認証で支えます。

動画で見る

クラウドサービスに共通するお悩みを解決

覚えるID/PWは1つだけ

CloudGate UNOにログインすれば、連携するサービスへはID/PW入力不要で利用可能になります。ログインする手間が省ければ新サービスの社内浸透率も大幅アップし、いつも使っているID/PWなので管理者としても展開が楽になります。

柔軟なアクセスコントロールを実現

ユーザーや利用サービスごとにセキュリティポリシーに合わせた柔軟なアクセスコントロールが可能です。社内でのみ業務をする方はIPアドレス制限、社外から利用する人は端末制御で社用端末のみ可、システム部門など権限が強い場合は生体認証は必須など、働き方に合わせて業務を制限することなくセキュリティを高めることができます。

さまざまなサービスと連携可能

クラウドサービスはもちろん、社内オンプレミス型サービスとの連携も可能です(要検証)。

CloudGate UNOの機能概要

アイデンティティ管理をはじめ、CloudGate UNOはセキュリティ強化や認証機能、シングルサインオンなどの充実したサービスを提供します

  1. 01ユーザー認証

    ID、パスワードに加えて生体認証(指紋)等を使い、より強固な認証が可能になります

  2. 02アクセス制限

    サービスへのログインを許可する条件(場所/端末/時間)が管理できます

  3. 03ID管理

    ユーザー管理とサービスプロバイダーへのプロビジョニング処理による連携を行います

  4. 04連携

    Active Directory連携によるID連携と認証連携を行います

  5. 05シングルサインオン

    サービスプロバイダーへSAML2.0で認証連携を行います。またForm-based認証や拡張機能をつかってSAML2.0に対応していないサービスとの認証も実現します

CloudGate UNOが選ばれるポイント

厳格な端末制御を楽にできる

CloudGate UNOにはさまざまな機能がありますが、特に求められるのは利用端末を特定する証明書機能です。証明書配布時にMACアドレスやIMEIなどで個体識別が可能で、メールで送付しても他のデバイスで利用するなど悪用はできないので管理者も安心して展開できます。

生体認証機能が続々登場

スマートフォンの指紋認証や顔認証、Windows Helloとも連携。USB型のセキュリティキーにも対応し、莫大なコストが必要になる生体認証機能がお手軽価格で簡単に利用可能になります。

機能が豊富な上に使いやすい

CloudGate UNOは、100%自社開発。GUIも直感的でわかりやすく完全日本語対応でマニュアルも日本語。誰でも安心してお使いいただけます。

CloudGate UNOのサービス料金

サービス料金の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

CloudGate UNO 推奨動作環境

推奨動作環境の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

よくあるご質問

CloudGate UNOを無料で試すことはできますか?

はい、CloudGate UNOは最大30日間無料でお試しいただけます。
無料トライアルの詳細はこちらをご覧ください。

CloudGate UNOの契約期間はどうなりますか?

ご契約期間は、お申し込みいただいた翌月から1年間となります。サービスはお申し込みいただいてから3営業日程度で開通し、お申し込み月は無償でご利用いただけます。
導入までの流れは こちらで詳しくご説明しています。
例えば、4月1日にお申し込みいただいた場合には、ご契約期間は翌月5月1日から1年間となります。(お申し込み月の4月1日〜30日は無償でご利用いただけます。)

CloudGate UNOのSP 3やSP Freeのオプションは基本プラン契約数と異なる数でも契約できますか?

いいえ、契約できません。SP 3やSP FreeなどのSSOサービス連携オプションは、基本プランの契約アカウント数と同数必要となります。

社内の基幹システムとCloudGate UNOを連携する場合、SSOサービス連携オプションを契約する必要がありますか?

はい、契約する必要があります。2つ以上のサービスとSSO連携する場合には、SSOサービス連携オプション(SP 3またはSP Free)をご契約いただく必要があります。
そのため、社内の基幹システムと他のクラウドサービスをCloudGate UNOを用いてSSO連携させる場合には、SSOサービス連携オプションをご契約いただく必要があります。

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

関連情報

  • CloudGate UNOご紹介

    安全でありながら利便性の高い認証を実現するゼロトラストモデルを取り入れた認証基盤

  • CloudGate UNO事例

    CloudGateを導入して安全なクラウド環境で業務を効率化、働き方改革を実現したお客さまの声をご紹介します。