IT-EXchange

レノボ・ジャパン

Workstation

レノボがご提案する、各種ソリューションに最適なお薦めワークステーション

この製品の販売・導入を検討されている方はこちらからお問い合わせください。

レノボのワークステーションは、アメリカ&日本生まれ

米国ノースカロライナ州ラーレイにあるレノボ・ワークステーション事業部がThinkStation/ThinkPad Pシリーズの開発を担当。横浜みなとみらいにある大和研究所とも連携し最新のワークステーションを提供しています。専任のTSET(テクニカルサポートチーム)によりアプリケーションベンダーと協調し万全のサポート体制を整えています。
※ThinkPad Pシリーズはノートブック型、ThinkStationはデスクトップ型のワークステーション製品になります。

Lenovoワークステーションが選ばれる理由

モジュラーデザイン&スマホ診断で
ダウンタイム最小化

・ミッドレンジ以上のThinkStationではモジュラー構造の内部デザインを採用。
・徹底したツールレス筐体設計で、万一のシステムトラブルでもダウンタイムを最小化。
・OSが正常に起動しない場合でも、スマートフォンを用いてシステム診断が可能。

低い故障率と安心のサポート

・ワークステーション導入後1~3年の平均リペア対応率は業界一低水準。
・継続的な品質改善の取り組みの結果、故障率の大幅な低下を実現。
・アップグレードサービス(オプション)をご利用いただくことで、当日オンサイト修理や プレミアサポートなど、充実したサービスメニューでお客さまへの安心をご提供。

長時間の作業も快適な静音設計

・3つの独立したエアーの流れを作り、暖気を内部滞留なく直線的に
排出するTri-Channelクーリングを採用し、高い冷却性能を発揮。
・優れた冷却性能と独自の静音設計によりとても静か。熱によるパーツの劣化を
防止しながら、快適な環境でクリエイティブな作業に集中することができます。

注目されるワークステーション、そのワケとは

設計/映像編集のプロフェッショナル用途に向けて開発されたワークステーションとビジネス向けパソコンとの違いはどこにあるのでしょうか?

  1. 013次元がサクサク快適に
    動く

    通常のパソコンではCPUに内蔵されているグラフィックスエンジンを使いますが、ワークステーションでは専用の外付けグラフィックスを装備しています。3次元も複雑な画像も快適に動かせます。

  2. 02動作確認されているので
    安心

    CADをはじめとして主要なアプリベンダー(ISV)と共同で事前に動作確認を行い、認証を取得しているので、安心してワークステーションを選ぶことができます。

  3. 03安全動作で作業も捗る

    サーバーで利用されているインテル® Xeon® プロセッサーを多くの機種で採用、メモリーエラーを防止するECCメモリーにも対応し、安定した長時間駆動を前提にした設計となっています。

導入後も安心のLenovoワークステーション

保証期間内の修理率の低さ

2019年のTBR社の修理率調査によると、購入後3年間のワークステーションの修理率は、主な競合他社と比べLenovoがもっとも低く、タワー・ワークステーションでもモバイル・ワークステーションでも同様の結果でした。3年間を通して業界平均を下回ったベンダーは Lenovo だけです。

製品ラインナップ

いずれのモデルもカスタマイズ可能です

ThinkPad P1(Gen2) ThinkPad P43s ThinkPad P53 ThinkStation P920 ThinkStation P330 Tiny
画像 lenovo_Workstation_img08.png lenovo_Workstation_img09.png lenovo_Workstation_img10.png lenovo_Workstation_img11.png lenovo_Workstation_img12.png
OS Windows 10 Pro 64bit Windows 10 Pro 64bit Windows 10 Pro 64bit Ubuntu Linux OS Windows 10 Pro 64bit
CPU Intel Xeon E-2276M Intel Core i7-8665U Intel Core i7-9850U Intel Xeon Gold 6136 x2 Intel Core i7-9700T
RAM 32GB[16GBx2]
DDR4 SDRAM SODIMM
16GB
DDR4-2400
16GB [8GBx2]
DDR4-2666 SODIMM
384GB [32GBx12]
DDR4-2666 ECC
16GB [8GBx2]
DDR4-2666 SODIMM
SSD 512GB M.2 PCIe NVMe 512GB M.2 NVMe 256GB M.2 NVMe 1TB M.2 NVMe SSD
2TB SATA SSD x2
256GB M.2 NVMe SSD
GPU NVIDIA Quadro T2000 4GB NVIDIA Quadro P520 2GB NVIDIA Quadro RTX5000 16GB NVIDIA Quadro GV100 x2 NVLINK NVIDIA Quadro P620 2GB
Display 15.6型 UHD(3840x2160) OLED 14インチ WQHD [2560x1440] IPS 15.6型 UHD(3840x2160)液晶 - -

製品導入事例

鹿島建設株式会社さま

BIMの活用にとどまらず、VRへの需要とAI(人工知能)技術も視野に、レノボのモバイル・ワークステーションを全面採用。

鹿島建設株式会社は、日本を代表する大手総合建設会社として、常に100年先を見つめながら、ダム、トンネル、橋梁、交通網などの土木分野、超高層ビル、集合住宅、美術館、スポーツ施設、学校などの建築分野でグローバルに事業を展開しています。
同社は、世界に先駆けてクラウドベースのBIMプラットフォーム『Global BIM®』を構築し、建物の事業計画段階から竣工後の維持管理まで、社内外の関係者がBIM(Building Information Modeling)データを共有・管理できる体制を整えています。そして、施工系の業務に携わる社員には、高度なBIM利用のニーズを満たしたレノボのモバイル・ワークステーション『ThinkPad Wシリーズ』(合計 約2,000台)を配布しています。

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

資料ダウンロード

  • 資料名:レノボ・ワークステーションが選ばれる理由

Lenovoワークステーションについてよくある質問

スマホ診断はいつ頃から使用できるようになったのでしょうか?

現行販売モデルに関して、モバイルにおいては全機種、デスクトップにおいてはP520以上の上位機種でサポートしております。

初めてレノボのワークステーションをご検討いただくお客さま向けにレノボの優位性が分かる資料はありますか?

下記のリンクよりドキュメントライブラリへアクセス後、
カテゴリより「ワークステーション」、「ガイドブック」をお選びください。
https://ap.lenovopartner.com/web/japan/sales-support-documents/document-library

※ご覧いただく場合はレノボ・パートナーポータルへのログインが必要です。アカウントをお持ちでない場合はリンク先でご登録ください。
※以下2つが最新のツールになります。
・レノボのワークステーションが選ばれる理由
・Lenovo Sales Playbook

ワークステーションで一番売れ筋のモデルを教えてください。

ThinkStation P330Tiny、ThinkPad P1、ThinkPad P52 です。

レノボのワークステーションとNVIDIA製品との対応表などありませんか?

LPPの各製品情報からもご覧いただける、構成表及び、ワークステーション総合カタログに、搭載可能NVIDIA製品を記載しております。是非そちらをご参照ください。

ISV 認証の情報はどこを見ればよいでしょうか?

下記リンク先よりご確認をお願いいたします。
メーカーサイトを確認する

昔のソフトウエア(IBM SPSS等)をGPU付PCで使用した際、性能に効果は出ますでしょうか?

あくまでそのソフトの開発の仕方次第です。GPUのCUDAコアを演算に活用できるように設計されたソフトでないと効果は無く、ソフトによっては、CPU、GPU、ハイブリッドの設定ができるものもあります。いずれにしてもソフトの設計次第です。

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

その他製品関連情報について

各製品のカタログ情報については下記をご参照ください。