NetApp

NetApp HCI

全世界で唯一のハイパーコンバージド インフラストラクチャ
思いどおりのハイブリッド マルチクラウド エクスペリエンスを実現

この製品の販売・導入を検討されている方はこちらからお問い合わせください。

NetApp HCIとは

「NetApp HCI」はハイブリッド クラウド分野のリーディング カンパニーであるNetApp社が2017年に提供を開始した、新世代のエンタープライズ向けHCIアプライアンス製品です。
「NetApp HCI」 はAll-Flashストレージとして定評のある「SolidFire」テクノロジーをベースとし、複数アプリケーションのパフォーマンス保証、データ ファブリックを基盤とした優れた柔軟性と拡張性、そして自動化や統合機能などのメリットを提供し、従来型のHCIアプライアンス製品がかかえる制約を解消します。

製品の特長

優れた柔軟性と拡張性

コンピューティングとストレージのリソースを同一筐体で提供する従来型のHCIアプライアンス製品と異なり、 「NetApp HCI」はコンピューティングノードとストレージノードを別々の筐体で提供します。コンピューティング、ストレージそれぞれのリソースを別々に拡張することができるため、お客さまがリソースを必要とするタイミングで必要なリソースのみを無駄なく拡張することができ、従来型のHCIアプライアンス製品で発生しがちな過剰なリソース投資を抑えることが可能です。
もちろん、無停止アップグレードも可能。システムを止めることなく、いつでもインフラを拡張することができます。

ストレージパフォーマンスの保証

NetApp HCIが採用する「SolidFireテクノロジー」は、ALL-Flashストレージとしての性能を最大限生かせる独自のサービス品質(QoS)機能でパフォーマンスの予測性に関する課題を解決します。
アプリケーションごとにパフォーマンスをきめ細かく設定(最小、最大、 バースト時)することが可能です。
他のアプリケーションのパフォーマンスを阻害する「ノイジー ネイバー」の発生を抑え、アプリケーションごとのパフォーマンスに関するSLAを満たすことができます。

シンプルな導入、運用管理

NetApp HCIには導入エンジンとして「NetApp Deployment Engine」(NDE)を標準搭載しています。
このわかりやすい導入エンジンにより、400以上の入力項目を30未満に削減でき、わずか45分でインフラ運用を開始することが可能です。
運用は主にVMware vCenterを介します。仮想マシンの管理からハードウエア アラートの確認まで、運用タスクの95%をvCenterから実施するため、インフラをシンプルに運用管理することが可能です。
さらに、強力なAPIスイートにより、管理やオーケストレーション、バックアップ、ディザスタ リカバリを実現する高度なツールの数々をシームレスに統合できます。

NetApp データ ファブリック対応

NetApp HCIは、NetApp データ ファブリック対応です。ファイルサーバーで定評のあるONTAP vNAS製品(ONTAP Select)や、レプリケーション(SnapMirror)、Cloudバックアップ(Altavault)などを導入したその日からNetApp HCIに統合して運用し、データのモビリティ、可視性、保護を強化できます。

機能

NetApp HCIの優れた機能

  1. 01SnapMirrorへの対応

    SnapMirrorは、企業が必要としている災害対策や遠隔地へのデータ転送を実現するレプリケーション ソフトウエアです。
    NetApp HCIはこの実績のあるSnapMirrorをサポートするため、NetApp HCIとNetApp ONTAPストレージ間におけるデータのレプリケーションが可能になります。

  2. 02ONTAP SelectによるvNASの提供

    ストレージ業界をリードするFAS/AFFストレージのOSでもあるONTAPを活用してファイルサービスの提供ができます。
    これによりNetApp HCIに対してブロックストレージアクセスとNASファイルサービスを同時に提供できます。
    また、ストレージ容量はオンザフライで追加できます。

  3. 03自動化

    複雑なストレージ管理タスク(プロビジョニング、管理、レポート)の自動化により必要なITリソースを削減、業界をリードする仮想化・クラウドプラットフォームと緊密な統合により即応性に優れた環境を提供します。
    混在ワークロード環境で全てのワークロードに対してサービス品質(QoS)の設定が可能、インフラ全体でアプリケーション、ワークロード、テナントに対してパフォーマンスSLAを保証します。

仕様

H410C H610C H610S
主な仕様
コンピューティング ノード
コンピューティング ノード H410C H610C
ラック ユニット数 2RU、ハーフ幅 2 RU
CPU Intel Xeon Gold 5122、4コア、3.6GHz×2
Intel Xeon Silver 4110、8コア、2.1GHz×2
Intel Xeon Gold 5120、14コア、2.2GHz×2
Intel Xeon Gold 6138、20コア、2.0GHz×2
Intel Xeon Gold 6130、16コア×2、2.1GHz、
NVIDIA Tesla M10 GPUカード×2
ストレージ ノード
ストレージ ノード H410S H610S
2RU、ハーフ幅 1 RU
SSD 暗号化 / 非暗号化ドライブ×6 暗号化 / 非暗号化ドライブ×12
ドライブ容量 480GB / 960GB / 1.92TB 960GB / 1.92TB / 3.84TB
電源と寸法
シャーシ H410、2U 4ノード エンクロージャ H610C H610S
ラック ユニット数 2 RU 2 RU 1 RU
電源入力 220~240VAC、1+1の冗長性 220~240VAC、1+1の冗長性 110~240VAC、1+1の冗長性
-48~60VDC、1+1の冗長性
電源装置あたりの最大電力 / 電流 2200W / 12~11A(フル実装したエンクロージャ) 900W / 4.4~3.6A 460W / 2A(230V)~- 3.8A(120V)
環境
動作時の温度、高度、
および相対湿度
高度914.40m(3、000フィート)以下で10~35°C(50~95°F)、温度定格は304.80m(1、000フィート)につき1°C低下、相対湿度8~90%、結露なし
非動作時の温度と相対湿度 40~70°C(-40~158°F)
熱放散 実行(BTU/時) - 2,730* 実行(BTU/時) - 2,362 実行(BTU/時) - 1,250
最大時(BTU/時) - 6,142* 最大時(BTU/時) - 2,953 最大時(BTU/時) - 1,500
*フル実装したエンクロージャ
規格および認定 安全性:EN 60950、CE、CSA 60950、UL 60950、CB IEC60950-1(国ごとの違いに対応)、EN60825-1、IRAM、EAC、BSMI、SONCAP、NRCS LOA(南アフリカ)、BIS FIPS-142*** 安全性:EN 60950-1とEN 62368-1、CE、CSA 62368-1、UL 62368-1、CB IEC60950-1(国別の違いに対応)とCB IEC62368-1、EN60825-1、S-Mark(アルゼンチン)、EAC、BSMI、SONCAP、NRCS LOA(南アフリカ)、BIS(インド 安全性:EN 60950、CE、CSA 60950、UL 60950、CB IEC60950-1(国ごとの違いに対応)、EN60825-1、IRAM、EAC、BSMI、SONCAP、NRCS LOA(南アフリカ)、BIS FIPS-142***
電磁波、耐ノイズ性:FCC Part 15 Class A、ICES-03、CE、KCC、VCCI、AS/NZS CISPR 22、CISPR 32、EN55032、EN55024、EN61000-3-2、EN61000-3-3、BSMI
システム環境仕様
動作時の温度、高度、
および相対湿度
高度914.40m(3,000フィート)以下で10~35°C(50~95°F)、温度定格は304.80m(1,000フィート)につき1°C低下、 相対湿度8~90%、結露なし
保管時の温度 -40~70°C(-40~158°F)
動作時の振動 0.4GRMS、ランダム振動5~200Hz(60分/軸)。0.25G、正弦波振動5~200Hz(15分/軸)
保管時の振動 0.98GRMS、ランダム振動5~500Hz(30分/軸)。0.5G、正弦波振動5~200Hz(15分/軸)
スイッチ
SN2010 ハーフ幅に10/25GbE×18ポートと40 / 100GbE×4スプリッタブル ポートを搭載し、総スループット最大1.7TB/秒を実現
電力仕様 パッシブ ケーブルを使用した場合の標準電力(ATIS):57W 入力電圧:100~240VAC
物理 寸法:高さ43.8mm(1.72インチ)×幅200mm(7.87インチ)×奥行き508mm(20インチ) 重さ:4.54kg(10ポンド)
セキュリティ UC APL、FIPS 140-2、ストーム コントロール(ACL L2~L4およびユーザー定義)、802.1X - Port Based Network Access Control、SSHサーバー ストリクト モード - NIST 800-181A、CoPP(IPフィルタ)、ポート分離

*NetAppR HCIの実効容量の計算には、NetApp ElementソフトウエアHelixRのデータ保護、システム オーバーヘッド、全体的な効率性(圧縮、重複排除、シンプロビジョニングなど)が 考慮されています。お客さまは一般的に、アプリケーション ワークロードにより、使用可能な容量の5~10倍の実効容量を使用しています。
**ケーブルとトランシーバは含まれません。
***NetApp HCIはFIPS 140-2レベル1標準をサポートしています。第三者機関による認証が進行中です。

SB C&Sが選ばれる理由

2019年度Momentum Award受賞

SB C&Sはネットアップ製品の販売を前年からもっとも伸ばしたパートナー企業に贈られる「Momentum Award」を2018年度/2019年度と連続受賞しました。

C&S完全オリジナル見積作成ツール&技術配信サイト

「自分で!」「簡単に!」「素早く!」
NetApp FAS製品の概算見積を作成できる便利なツールです。構成概要説明資料も自動で作成可能です。利用登録が必要になりますのでお気軽にお問い合わせください。また、技術配信サイト「C&S ENGINEER VOICE」では最新の関連イベント・セミナー情報、製品情報など、多様な“技術情報”を発信しておりますので是非ご覧ください。

スペシャリストチームによる総合的な支援体制

各分野のスペシャリストが連携し、ワンストップでお客さまをサポートします。
選任の部隊が構成支援はもちろん、全国規模のセミナーや、パートナーさまと共同のプロモーションなども実施可能です。技術支援では約130種、総計400以上のIT系資格を保有している技術部がプリセールスの支援をします。
また、これから取扱いをご予定しているパートナーさまも、ハンズオンや検証機の貸出しなど全力でSB C&Sがサポートいたします。

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

資料ダウンロード

  • 資料名:NetApp HCI ~奥義伝授の書~

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

関連情報