PFU

iNetSec SF

セキュリティリスクのある端末をネットワークから遮断し、素早い対処を実現するアプライアンス

この製品の販売・導入を検討されている方はこちらからお問い合わせください。

iNetSec SFとは

さまざまなセキュリティ対策製品で発見されたリスクのある端末をネットワークから遮断し、迅速な対処を実現します。 また、機能追加ライセンスを導入する事により、「iNetSec SF」だけでマルウエアの検知や、最新のセキュリティパッチ未適用端末のネットワーク遮断なども可能となります。

動画で見る

製品の3つの特長

  • リスクのある機器に対して素早く対処 〔基本機能〕

    組織のネットワークに接続を許可していない機器や他のセキュリティ製品で「リスクがある」と判断された機器を自動的に遮断し、迅速な対処が可能です。

  • 標的型サイバー攻撃や端末の脆弱性などさまざまなリスクに対応 〔追加機能〕

    オプションライセンスを追加することで、標的型サイバー攻撃対策や脆弱性対策を実現でき、より強固なネットワークセキュリティを構築できます。

  • 他製品との連携で、多様なリスクに対応

    サイバー攻撃を検知する「iNetSec MP」やファイア・アイ株式会社の「FireEye NXシリーズ」、フォーティネットジャパン株式会社の「FortiGateシリーズ」、 パロアルトネットワークス株式会社の「Palo Alto Networks 次世代ファイアウォール」と連携し、これら製品が検知したアラートの対象となる端末をネットワークから遮断します。

機能

iNetSec SFでできること

  1. 01IT機器の「見える化」

    ネットワークに接続された全てのIT機器をエージェントレスで自動的に機器種別を識別し、一元管理します。 ITスキルのない部門管理者でも簡単にネットワークに接続された機器を把握することが可能です。

  2. 02ネットワーク遮断による
    リスク対処

    組織のネットワークに接続を許可していない機器や他のセキュリティ製品で「リスクがある」と判断された機器を自動的に遮断し、迅速な対処が可能です。

  3. 03標的型攻撃による
    マルウエアを検知

    ネットワーク通信を監視し、内部に侵入した標的型攻撃によるマルウエア活動を検知、マルウエア感染端末を遮断することで、 ネットワーク内へのマルウエア拡散を未然に防止します。

  4. 04脆弱性がある端末を検知

    Windows端末のセキュリティパッチの適用状況を検査し、適用漏れで脆弱性の残った端末を検知し、遮断します。利用者へパッチ適用を促し、パッチ適用の徹底に繋がります。

プラン

価格の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

要件・仕様

動作環境の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。