ソフトバンク

ichimill

誤差わずか数センチメートルで測位可能

高精度測位サービス ichimill

ichimill(イチミル)は、準天頂衛星「みちびき」などのGNSS(※1)から受信した信号を利用してRTK測位(※2)を行うことで、誤差数センチメートルの測位を可能にするサービスです。

(※1)GNSS(Global Navigation Satellite System)とは、QZSS(準天頂衛星システム)やGPS、GLONASS、Galileoなどの衛星測位システムの総称。
(※2) RTK(Real Time Kinematic)測位とは、固定局と移動局の2つの受信機を利用し、リアルタイムに2点間で情報をやりとりすることで、高精度での測位を可能にする手法のこと。

ichimillの特長

多数の衛星に対応し高精度な測位が可能

ichimillはQZSSやGPS等に加え、BeiDouにも対応していることで、捕捉できる衛星数が多いため、都市部でのビル間等の衛星環境の悪い場所でも高精度測位率の向上・RTKのFix時間の短縮を実現しております。
【対応衛星・信号】
QZSS L1/L2/L5
GPS L1/L2/L5
GLONASS G1/G2
Galileo E1/E5
BeiDou B1/B2

お客さまによる基準点設置が不要

ソフトバンクは、RTK測位に必要となる独自基準点(固定局)を全国3,300カ所以上に構築しております。
この独自基準点をご活用いただくことで、お客さまによる基準点準備はご不要となり、全国どこででも(※)高精度・冗長性を確保した安定した測位が可能となります。
(※)ichimillのご利用には、インターネット接続が必要です。

お客さまのニーズにあわせたサービスの提供が可能

  1. Ntrip方式による補正情報の提供
    補正情報の送受信をNtrip方式(お客さまのインターネット環境)で行うことで、RTK対応のドローンであればプロポでのID/PW等の設定のみでご利用が可能です。
  2. 安価な2周波対応のGNSS受信機(LC01)の提供
    補正情報配信を受信する専用端末、可視化のためのWEBサービス(見える化WEB-UI)をワンストップで提供いたします。
    LC01は、対空座標の座標取得等にもご利用が可能です。

ユースケース ~ドローンでのご利用~

橋梁や鉄塔のインフラ点検

ドローンでの点検作業は、人が目視点検するよりも安全に、効率良く確認ができます。
ichimillを活用することで、ドローンをさらに安定して飛行させることが可能です。

圃場センシング/農薬散布

ドローンを使って農薬散布する取り組みや、上空から生育状況を把握する取り組みが広がっています。
ichimillを活用することで、農業用ドローンによる農薬散布や圃場センシングなどを、エリアの重複や抜け漏れなく高精度に行うことができます。

建設/土木現場の測量および空撮

上空からドローンで撮影することにより、工事の進捗確認や図面との照らし合わせにご活用いただいております。
ichimillを活用することで、より安定した飛行となり高精度な位置情報の把握が可能です。

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。