IT-EXchange

トレンドマイクロ

Trend Micro Deep Security

総合サーバーセキュリティ

この製品の販売・導入を検討されている方はこちらからお問い合わせください。

パフォーマンスを損なわずに
物理・仮想・クラウドのサーバーを保護

サーバーをとりまく環境は年々変化し続けています。以前は物理、仮想化環境が中心だったサーバー環境も、近年はクラウドへ移行する企業が増えてきました。それに伴い、サーバーセキュリティも多様なサーバー環境にあわせるべく、進化し続けています。Trend Micro Deep Securityは、サーバーセキュリティに必要な複数の機能を1つの保護モジュールに実装した総合サーバーセキュリティ対策製品です。サーバー管理者、セキュリティ担当者が抱えているセキュリティ課題を物理・仮想・クラウド環境にまたがって、トータルに解決します。

動画で見る

製品の4つの特長

IPS/IDSによる脆弱性対策・推奨設定

日々脆弱性が発見されるなか、都度緊急パッチを検証・適用する作業は運用上の負荷であり課題となっています。
推奨設定機能を使うことでAgentが自動でサーバー内のシステム情報をスキャンし、サーバー上にある脆弱性を見つけます。
また、そこに対する必要なシグネチャー”仮想パッチ”を自動で適用します。結果的にサーバーは、必要な保護だけを適切に自動で受けることが可能となります。

サーバー環境にあわせた保護モジュール (クラウド・仮想化)

Deep Securityは、Auto Scaling機能によって増えたインスタンスに対して自動的にDeep Securityエージェントのインストールと、予め設定されたセキュリティポリシーを自動的に
適用することができます。

運用しやすく直感的で見やすい管理コンソール

Deep Security管理コンソールは見やすい構成となっており、管理者ごとに自身が見やすいダッシュボードを設定が可能です。
また、保護サーバーのステータスを色で表して、瞬時に判断ができ、各セキュリティ機能でどれだけ検知・防御したのかを可視化することができるので、万が一インシデントが発生した時には、管理下のサーバーの中で「どこで何が起こっているのか」が瞬時に判断をできるよう管理者思いのコンソールでご提供しております。

最新技術!機械学習型ウイルス対策

“不正プログラム対策”機能に “機械学習型検索機能”が追加されました。
機械学習型検索では、短期間に数多く発生する不正プログラム・ランサムウエアの亜種など、未知の脅威に対して迅速な対応が可能※となります。
※ 全ての未知の脅威に対応するものではありません。

機能

Trend Micro Deep Securityで実現 高度セキュリティ

  1. 01不正プログラム対策

    リアルタイムにウイルスを検索

  2. 02Webレピュテーション

    不正なURLへの接続を防止

  3. 03変更監視

    ファイルやレジストリ等の変更を監視

  4. 04アプリケーションコントロール

    ホスト上で実行されるアプリケーションを制御

  5. 05IPS/IDS

    仮想パッチでOSやアプリケーションの
    脆弱性を保護

  6. 06ファイアウォール

    DoS攻撃など不正な通信を防御

  7. 07セキュリティログ監視

    OSやミドルウエアのセキュリティイベントを
    集中監視

脆弱性保護の課題

サーバー管理者の視点で、なぜ対策が難しい?

・ベンダーからのセキュリティパッチ適用前の事前検証が大変
・セキュリティパッチ適用後にサーバーの再起動が必要だが、サーバーを止められない
・他アプリケーションが動かなくなる可能性があるのでできるだけパッチは適用したくない

IPS/IDS(侵入防御)機能で脆弱性を保護

Deep SecurityのIPS/IDS(侵入防御)で
脆弱性を突く攻撃に対応。
仮想パッチを当てた状態に!

仮想パッチとは?

必要に応じて入力してくだ脆弱性を狙う攻撃コードをネットワーク レベルでブロックすることで 仮想的にパッチが当たっている状態。
脆弱性が悪用される前に迅速にシステムを保護します。

資料ダウンロード

  • 資料名:Deep Security 簡易カタログ

    物理・仮想・クラウド環境の総合サーバセキュリティ「Deep Security」の簡易カタログです。

  • 資料名:Deep Security 12.0 ご紹介資料

    「Deep Security」のご紹介資料です。
    Agenda
    ・脅威動向とDeep Security
    ・Agent サーバを保護する機能
    ・Manager サーバの管理機能
    ・VMware連携とDeep Security Virtual Appliance概要
    ・コンテナ環境を保護する機能
    ・構成例とサイジング情報

  • 資料名:Deep Security as a Service ご紹介チラシ

    月額自動更新モデル「Deep Security as a Service」(DSaaS)のチラシです。

  • 資料名:Deep Security 価格表

    ライセンスについての資料となります。

ラインナップ価格表

価格についてはメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

要件・仕様

仕様についてはメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

関連情報

  • Trend Micro Deep Security 概要説明資料

    本資料では、サーバーを多層防御するソフトウエア、Trend Micro Deep Securityについて紹介します。

  • Trend Micro Deep Security サポートウェブ

    製品に関するQ&A

  • 関連製品:Trend Micro Deep Security as a Service

    クラウド型サービスでスピーディにサーバーを保護