製品名:
WatchGuard Firebox

WatchGuard

WatchGuard Firebox

1台のアプライアンスで、サンドボックスやAIによる未知のマルウエア検知までトータルに実現

この製品の販売・導入を検討されている方はこちらからお問い合わせください。

WatchGuard Fireboxとは

ウォッチガードのネットワークセキュリティに対するアプローチは、企業規模や組織内の技術的な専門知識レベルにかかわらず、全ての組織にベストインクラスのエンタープライズグレートのセキュリティを提供することです。多くの実績と数々のアワードを受賞したウォッチガードの統合脅威管理(UTM)アプライアンスは、中堅中小企業だけでなく、分散型の大企業にとって理想的なソリューションであり、多層防御による最強のセキュリティを提供するだけでなく、容易な導入、利用、高い管理性を提供します。

製品の特長

最高のパフォーマンスを実現する統合セキュリティアプライアンス

ウォッチガードは必要なセキュリティサービスを柔軟に追加可能なアーキテクチャを備えています。そして、常に、革新的なサービスをいち早く提供しています。WatchGuardは、IPS、URLフィルタリング、ゲートウェイウイルス対策、アプリケーション制御、およびアンチスパムはもちろん、先進のクラウド型サンドボックス、情報漏えい防止、ランサムウエア対策などの高度な脅威からの保護を可能にするサービスまで、広範なネットワークセキュリティサービスを提供しています。

レスポンスのための可視化

ウォッチガードは、データと情報の違いを認識しています。一般にIT担当者は非常に多忙であり、膨大な量のログデータから必要な情報を取捨選択して結論を導き、セキュリティ上重要な情報を見つけ出す余裕はありません。ネットワーク可視化プラットフォームDimensionは高い評価を得ており、全てのFirebox に標準装備されています。データをリアルタイムで可視化し利用できるため、ユーザーは、自社のネットワーク、アプライアンス、セキュリティポリシーなどに関する監視と意思決定が可能になります。なお、現在はクラウドベースのセキュリティ可視化プラットフォームとして、WatchGuard Cloudが提供されており、より柔軟な選択が可能です。

あらゆる環境に対応可能なFirebox

小規模なレストランや、世界中に数千の店舗を展開する企業まで、WatchGuardはお客さまの環境に最適なソリューションを提供します。テーブルトップ型モデルやラックマウントモデル、仮想アプライアンスやクラウドベースのソリューションまで幅広いFireboxアプライアンスのポートフォリオを提供しています。

主なセキュリティ機能

WatchGuard Fireboxで実現できるセキュリティ機能の一例

  1. 01インテリジェントアンチウイルス(AI技術を活用)

    人工知能を利用してマルウエア検知を自動化する、シグネチャレスのマルウエア対策ソリューションです。統計分析を活用することで、現在および将来のマルウエアを瞬時に分類できます。

  2. 02標的型攻撃対策 APT Blocker(クラウド型サンドボックス)

    APT Blockerは、実績豊富な次世代型サンドボックスにより、ランサムウエア、ゼロデイ脅威などの複雑な攻撃や回避型の攻撃を検知し、ブロックします。

  3. 03脅威検知/レスポンス(TDR)

    ネットワークとエンドポイントのセキュリティイベントを脅威インテリジェンスで相関分析し、マルウエア攻撃を検知、優先順位付け、即時のアクションを可能にします。

  4. 04不正侵入検知・防御

    IPSは、継続的に更新されるシグネチャを使用して全ての主要プロトコルのトラフィックをスキャンすることで、スパイウエア、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、バッファオーバーフローなどのネットワークの脅威からリアルタイムに保護します。

  5. 05スパムメール対策

    リアルタイムのスパム検知技術により、マルウエアへの感染を防止します。ウォッチガードの高速かつ高性能のspamBlouckerは、一日あたり最大40億件のメッセージを検証可能です。

最新の脅威を検知/防御し、
セキュリティの脅威をリアルタイムに把握

1台でサンドボックスやAIによる未知のマルウエア検知まで

1台のアプライアンスで多層防御をトータルに実現でき、サンドボックスやAIによるマルウエア検知など、 未知・回避型のマルウエア対策も可能となります。高度なセキュリティ対策をシンプルに実現し、複雑化する脅威に対し、効率的に対処することが可能です。

標準提供のセキュリティ可視化ツールでリスクをリアルタイムに把握

ログ等ビッグデータの可視化とレポート機能が標準で提供され、重要なネットワークセキュリティの脅威、問題、トレンドを瞬時に特定して抽出し、対応すべき課題の優先順位付けが出来ます。オンプレミスに加え、クラウド対応もしています(WatchGuard Cloud Visibility)。

仕様

仕様についてはメーカーサイトをご確認ください。

メーカーサイトを確認する

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。