IT-EXchange

ワークスモバイルジャパン

ビジネス版LINE - LINE WORKS

LINEの使いやすさ、そのままに、企業でも安心して使えるセキュリティを備えたビジネスチャット

この製品の販売・導入を検討されている方はこちらからお問い合わせください。

ビジネス版LINE - LINE WORKSとは?

私たちは、現場で働く全ての人にとって必要なコミュニケーションを支え、チームのつながりを強め、新しい働き方を実現したいと考えています。
効率的に仕事するためのツールは世の中にたくさんありますが、「誰でも使える、もっと便利なやり方」があれば、仕事仲間との距離が縮まり、コミュニケーションはもっとスムーズになり、仕事はもっとやりやすくなるはず。
LINE WORKSは、仕事だからこそ必要なコミュニケーションを支えていきます。
使いやすいから、誰でもすぐに使える。
気持ちが伝わるから、仕事がはかどる。
仲間とつながるから、チームになれる。
さまざまなツールを使うことで失われがちだった仕事仲間との繋がりを、時代に合った新しいカタチで実現する。
スマートフォン時代のビジネスコミュニケーションツール LINE WORKS が、新しい働き方を推進していきます。

動画で見る

LINE WORKSで、毎日の仕事がはかどります

プライベートの確保も、自由な働き方も、ここから。

仕事では別のLINEアカウントが使えたら、と思っていませんか。
LINE WORKSは、LINEおなじみのチャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、仕事で活用できる充実した機能を揃えた「ビジネス版LINE」です。

見慣れた画面だから、すぐに使える。

なじみのあるLINEと同じ使い勝手だから、導入したその日から誰でもすぐに使えます。ユーザーの教育は、もう要りません。

安全と安心の提供を。

サービスは全て日本国内のデータセンターから提供。
国際的なセキュリティ標準である SOC2/SOC3 および ISO27001、ISO27017、ISO27018認証を取得しており、データの安全な保管とプライバシー情報保護の安全性が保証されています。

「つながり」がひろがる。

LINEを使っているお客さまやLINE WORKSを使っているお取引先とチャットでやり取りができます。

LINE WORKS 機能紹介

1つのアプリで、企業でも安心して使える管理機能とセキュリティを備えたクラウドサービス

  1. 01トーク:誰でもすぐに使える

    機能が豊富なのにすぐに使いこなせるなじみある機能とデザインで、誰もがすぐに使いこなせます。
    LINE の使いやすさをそのままに、仕事が便利になる機能が搭載され、企業でも安心して利用することができます。

  2. 02ホーム:大事な周知も徹底

    ホームは社内で利用できる掲示板で、社内メンバーと情報を共有する際に利用します。
    投稿するとアプリにプッシュ通知し、「必読」設定することで投稿が上位に表示、さらに未読メンバーに対して、再通知も可能です。

  3. 03カレンダー:容易な予定作成

    LINE WORKS カレンダーなら、スマホでも予定を確認できます。
    さらに自分の予定だけでなく他のメンバーの予定や空き時間も一目で把握できるため、会議や勉強会、飲み会の予定を簡単に調整できます。

  4. 04アンケート:調査を簡単実施

    会食日程の調整から災害時の安否確認まで、すぐにアンケートを作成できるよう豊富なテンプレートがあらかじめ用意されています。
    意識調査や社内イベントの出欠確認など、さまざまなアンケートを簡単に作成可能です。

  5. 05アドレス帳:組織と連動

    組織やチームごとに所属メンバーを一覧で表示。名前を覚えていない場合でも、組織からメンバーを検索できます。
    LINE WORKS アドレス帳は組織と連動して社内メンバーを一覧で確認できます。

  6. 06メール:万全のセキュリティ

    通信経路は暗号化され、ウイルス・マルウエア対策やDKIM対応などにより、脅威を未然に防ぎます。
    ​LINE WORKS メールは強力なセキュリティ対策を備えており安心して使えます。

  7. 07Drive:安全なストレージ

    LINE WORKSは全ての機能が1つにまとまったモバイルアプリ。
    LINE WORKS Drive はパソコンでもモバイルでも利用できるクラウドストレージです。

  8. 08管理:多彩な機能で管理可能

    組織階層や役職・兼務の設定など、日本の企業文化に最適化されたアドレス帳を提供しています。
    LINE WORKS の管理者画面なら何処でもメンバー、組織、グループ管理やセキュリティ機能を設定可能です。

  9. 09Bot:業務をもっと効率

    チャットボット開発に必要な技術資料は LINE WORKS Developersで公開。
    企業のシステム/サービスと連動可能なAPIをLINE WORKS APIサービスとして提供しています。

LINE WORKS ひとつで解決できます。

経営層:会社全体にメッセージが伝わらない

〇全社員へ経営理念が浸透
社長メッセージや重要周知を掲示板に投稿することで、PC/モバイルどちらからでも確認できるため、内勤/外勤を問わず全社員が確認できます。
また、未読確認と再通知の機能により確実な周知が可能です。

人事:遠方の応募者面談、内定者の繋ぎ止めが難しい

〇応募者が7倍に増加
一次、二次面接にビデオ通話を導入し、遠方の応募者を獲得している企業もあります。
応募者用のアカウントを用意し配布することで、応募から内定後まで、継続してケアが可能となります。

営業:メールや電話では、お客さまが捕まりません

〇顧客との新しい接点を確立
顧客と企業間のやり取りにおいて、近年ではLINEでの連絡を希望する顧客も増えているようです。
LINE連携機能を使えば、顧客は「LINE」、販売員は「LINE WORKS」でコミュニケーションすることにより、迅速な顧客対応が可能です。

情報システム:管理する業務量が多過ぎます

〇セキュアなメンバー管理
プライベートは「LINE」、仕事は「LINE WORKS」と分けることで、誤送信のリスクや退職者が情報を保持する心配もありません。
他の社員や顧客に個人アカウントを教えることもなくなり、プライベートの確保にも繋がります。

総務:災害時に社員とスムーズに連絡が取れません

〇集計業務の負担が激減
社内へのメールやFAXによる情報収集は、各拠点での周知負担や本社での集計負担に繋がります。
アンケート機能を使えば、全社員へのアンケート実施も簡単に行なえ、自動集計のため負担もありません。

LINE WORKS 利用料金ご案内

利用料金の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

LINE WORKS システム要件

動作環境の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

LINE WORKS 導入事例

株式会社 桧家ホールディングスさま

住宅展示場に訪れるお客さまとの連絡にLINE WORKSを導入。連絡先を2倍取得しやすくなり、その後のやり取りの量も3倍に。競合他社との差別化に繋がりました。

LINE WORKSならば、お客さまにスマホでQRコードを読み取っていただき、LINEで「友だち登録」をしていただくだけで、スムーズにコミュニケーションをスタートさせることができます。
LINE WORKSならば受け手のタイミングで見たり返信したりできるので、タイムラグによる機会損失がなくなりました。
メールでコミュニケーションをとっていたころと比べて、連絡先を取得できる確率が2倍に増え、実際にスタートしてからのやり取りは3倍ほど密になっていると感じます。
こういったやりとりの中で、お客さまのご要望にすばやくお応えし、信頼関係を築けたことで、結果として受注に繋がっているのではないかと思います。

株式会社 HUGEさま

アルバイトも含め、全スタッフ約1,200名が LINE WORKSのアカウントを所有。より良いサービスを提供するため、常に革新し続けるためのツールとして使っています。

社長のメッセージを現場のアルバイトスタッフまで届けることは重要です。情報には“温度”が大切であり、会議中に気付いたことなどを全スタッフに紹介したいとき、LINE WORKSから、その時の思いをその時の感情で送ることができます。
また、社内コミュニケーション力と情報共有スピードが格段に向上し、情報がストックされるようになりました。
それらをマニュアル的な使い方ができたり、共有型の組織に変わりつつあると思います。
例えば、他店舗の議事録が全社員に共有されるようになりました。
実際に共有されていたアイデアを見たスタッフが、自分から取り入れるように働きかけるなど、サービス向上に役立っています。

LINE WORKSのホームページでは、多くの導入事例が紹介されています。

LINE WORKSのホームページでは、業種、企業規模、用途の観点から、必要に応じて、加盟店さまのご提案に役立つ導入事例を検索することが可能です。
また、PDF版をダウンロードすることも可能です。ぜひ、ご提案にご活用ください。
メーカーサイトで確認する

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

LINE WORKS 関連資料

  • 資料名:説明資料 : LINE WORKS 概要紹介

    LINE WORKS の特長、導入事例をまとめた資料(17ページ)

  • 資料名:チラシ : LINE WORKS 概要紹介

    LINE WORKS 紹介チラシ(2ページ)

  • 資料名:各部署の悩み。LINE WOKRSひとつで解決

    LINE WORKSによって、解決された各部門の課題をご紹介

LINE WORKS よくある質問

【加盟店さま支援窓口】販売支援窓口

お問い合わせ内容に応じて、次の窓口をご活用ください。

[製品プラン/機能/資料/導入事例に関するお問い合わせ]
https://line.worksmobile.com/jp/contactus/t2reseller/

[見積/価格/案件支援]
SB C&S 担当営業までご相談ください。

[導入後の技術サポート]
ご利用中のお客さまはLINE WORKS 管理画面(以下参照)からカスタマーサポートをご利用ください。
-管理者画面(ブラウザ版)左下「お問い合わせ」

【管理者機能】グループで利用する機能設定

グループで利用できるトーク、ノート、予定、フォルダの利用有無を設定することができます。
ノート、予定、フォルダはトークルームの中にある機能であるため、トークを無効にすると全て利用なくなります。
グループで利用する機能は「管理者画面 > メンバー > グループリスト」で設定できます。

[トーク]
有効にすると、グループメンバーのトークルームが作成されます。グループメンバーを追加または削除することに伴い、トークルームにも参加または退室されます。グループトークルームの名前はグループ名設定され、グループマスターが変更できます。トークルームのプロフィール写真はグループメンバーは誰でも変更できます。
トークを無効にすると、全てのトーク履歴、ノード、予定、フォルダのデータが削除されます。

[ノート]
有効にすると、メンバーと情報共有するためのノートが利用できます。ノートを使ってグループのメンバーと会議録や報告書など共有したい情報を掲示板形式で投稿することができます。 共同編集が許可された投稿以外は、他人の投稿を修正することはできません。
ノートを無効にすると、全ての投稿やデータが削除されます。

[予定]
有効にすると、グループメンバーと予定を共有するカレンダーを利用できます。グループメンバーは誰でもグループカレンダーに予定を管理することができます。グループ予定を修正すると、トークルームに自動通知されます。
予定を無効にすると、全ての予定データが削除されます。

[フォルダ]
有効にすると、写真、ファイル等をメンバーと共有できるストレージを利用できます。ライトプラン以上では Drive 画面でもグループフォルダをアクセスすることができます。フォルダにファイルをアップロードすると、トークルームに自動通知されます。
フォルダを無効にすると、グループフォルダの全てのデータが削除されます。

[メーリングリスト]
有効にすると、メーリングリストのアドレスが作成されます。メーリングリストのアドレスでメールを送信すると、グループメンバー全員が受信できます。
メーリングリストを無効にすると、アドレス宛のメールを受信できません。

グループを削除すると、全てのトーク履歴、ノート、予定、フォルダ、メーリングリストのデータが削除され、復元することはできません。

●参考情報:LINE WORKS ヘルプセンター

【管理者機能】プロキシサーバー経由でLINE WORKSアプリを利用する

プロキシサーバーを経由してインターネットに接続するネットワーク環境の場合、LINE WORKS PC 版アプリをご利用するためには、ユーザーごとにプロキシ―サーバーの情報を設定する必要があります。
プロキシサーバー経由での音声通話、ビデオ通話は使用できません。

【プロキシサーバー設定】
プロキシサーバーの情報は、LINE WORKS の PC 版アプリにログインしていない状態でも設定、変更できます。

1. PC 版アプリで[基本設定]アイコンをクリックします。
2. [環境設定] をクリックします。
3. [接続] タブをクリックします。
4. [プロキシサーバー設定] にチェックを入れます。
5. 下記のプロキシサーバー設定情報を入力します。
・タイプ : ネットワーク環境に合わせて、「HTTP/HTTPS」または「SOCKS」を選択します。
・サーバー : プロキシサーバーの IP アドレスを入力します。
・ポート : プロキシサーバーが使用しているポート番号を入力します。
・ユーザー : プロキシサーバーの認証 ID を入力します。
・パスワード : プロキシサーバーの認証パスワードを入力します。
6. [適用する] をクリックします。
7. 接続完了メッセージを確認して [確認] をクリックします。
8. LINE WORKS PC 版アプリの再起動を確認します。
・プロキシサーバーの接続に失敗すると、修正が必要な項目が赤色で表示されます。修正後、[適用する] をクリックします。
・プロキシサーバーの情報は正しく設定されていますが、LINE WORKS のサーバーに接続できない場合、項目が赤色で表示されません。

【プロキシサーバー設定解除】
1. PC 版アプリで アイコンをクリックします。
2. [環境設定] をクリックします。
3. [接続] タブをクリックします。
4. [プロキシサーバー設定] にチェックを解除します。
5. [適用する] をクリックします。

●参考情報:LINE WORKS ヘルプセンター

【管理者機能】LINE WORKS ドメインの除外設定

LINE WORKS サービスの各機能を正常に利用するには、ご利用環境に導入されているファイアウオール等ネットワークセキュリティにおいて、下記 LINE WORKS サービスで使用するドメインをホワイトリスト機能等によって除外する必要があります。

●参考情報:LINE WORKS ヘルプセンター > よくある質問 > 管理者 > LINE WORKS ドメインの除外設定
●参考情報:LINE WORKS ヘルプセンター

【管理者機能】ドメイン所有権の確認

ライトプランで「グループ ID」ではなく「ドメイン」を使用される場合や、ベーシック / プレミアムのプラン (ドメイン使用必須) ご契約の場合には、初期設定として、そのドメインの所有権を LINE WORKS サービスへ対して証明する作業が必要となります。

●参考情報:LINE WORKS ヘルプセンター > よくある質問 > 管理者 > ドメインの所有権の確認
●参考情報:LINE WORKS ヘルプセンター

【その他】よくある質問

●参考情報:LINE WORKS ヘルプセンター

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。