デジタルアーツ

i-FILTER Ver.10

Webとメールを『無菌室』化する

この製品の販売・導入を検討されている方はこちらからお問い合わせください。

『無菌室』化とは

『i-FILTER』と『m-FILTER』は、国内で検索可能なURLと安全な送信元であると判定したメール情報を全て網羅した ホワイトリストDB によって、オフィスの環境を常に脅威から守ることができます。
その結果、外部でどのような危険が起きていても、安全にWeb・メール・ファイルをご利用いただける環境をご提供し、お客さまの業務環境を『無菌室』にすることが可能です。
これが、他社がマネできない差別化ポイントであり、お客さまにご提供できる付加価値です。

動画で見る

社外からの攻撃と社内からの漏えいを同時に防ぐ
セキュリティ対策

外部からの攻撃対策機能

外部からの攻撃には、標的型攻撃をはじめとして、ばら撒き型などの不特定多数を狙ったメール攻撃や、水飲み場攻撃などのWebを利用したものなどさまざまな攻撃がありますが、「i-FILTER」と「m-FILTER」を一緒に利用いただくことで完璧に防ぐことができます。

内部からの漏えい対策機能

誤送信や管理ミス、悪意ある情報の外部持ち出しなど、内部からの流出被害も、見逃すことのできない問題です。
「i-FILTER」と「m-FILTER」の最新バージョンでも従来の柔軟な使い勝手のまま、情報の流出を防ぐことが可能です。

機能

「i-FILTER」Ver.10に搭載されている「クラウドルックアップ機能」は、ユーザーが未登録のURLにアクセスしようとした場合、個人情報を含むパラメーターを取り除いたあとに、URLをクラウド上のデータベースに通知、カテゴリ分類後データベースに配信しています。「i-FILTER」Ver.10をご利用いただいている企業様のうち、数百社のお客さまから、日々さまざまなマルウエアに感染の疑いのある未登録のURLへのアクセス情報が通知され、最新の悪性URLの情報を蓄積しています。

デジタルアーツでは、この日々蓄積されるURLのアクセス情報の中からマルウエア感染の疑いやホームページを改ざんされている企業を見つけ出し、リスク情報を提供する「Dアラート ~サイバーリスク情報提供サービス~」を無償で実施しています。

  1. 01「安全なWebの世界」を実現する仕組み 01

    「Surface Web(検索サイトで検索可能な国内のサイト)」のURLを、コンテンツのURLまで含めてDB登録することで、ブラウザーで閲覧可能なURLを全て把握します。
    業務で利用するWebサイトは、検索サイトで検索できるため、業務のWeb閲覧を阻害することはありません。
    また、マルウエアの通信先のC&Cサーバーや未知の脅威に利用されるアドレス空間の「Dark Net」や「Dark Web」、「Deep Web」といった「Surface Web」以外のサイトとの通信は「カテゴリ外」としてブロックすることが可能です。

  2. 02「安全なWebの世界」を実現する仕組み 02

    検索サイトで検索可能な国内のサイトも日々新しいURLが追加されています。ユーザーが未登録のURLにアクセスしようとした場合、個人情報を含むパラメーターを取り除いたあとに、クラウド上のデータベースに通知されます( クラウドルックアップ機能)。
    デジタルアーツにて、カテゴリ分類後に再配信することで、DBの網羅率を維持する仕組みを用意しています。

  3. 03全世界の地域と言語のURLを網羅する「Global Database」オプション

    「Global Database」オプションを追加することで、海外のURLも、100%に近い網羅率のDBを利用することができるようになります。グローバル展開する企業、外資系企業などでも、安全なWebアクセスを実現することができます。

  4. 04多層の制御構造で標的型攻撃をブロック

    『i-FILTER』Ver.10では、『m-FILTER』Ver.5との連携による偽装メールDB、未登録のURLのブロックによる「ダークネット」や「Deep Web」との通信の根絶を簡単に設定可能です。また、Global Databaseオプションによる全世界の地域と言語の網羅により標的型攻撃由来のWebアクセスをより確実に阻止し、『i-FILTER』が従来から持っている『脅威情報』や『不正IT技術』などのカテゴリや個別リストを組合せることで、標的型攻撃対策から従来の内部情報漏洩対策としてのWebフィルタリング機能まで一気通貫で1つの製品で実現可能になります。

  5. 05SSL通信を利用したマルウエア通信も解析可能にするSSL APT Adapterオプションを新たに用意

    SSL通信をデコードしてサンドボックス製品などで検知を可能にするオプション。従来の『i-FILTER』ではSSLデコードした通信を外部機器に受け渡すことができず、C&CサーバーとのSSLコールバック通信を解析するためには、SSLアクセラレーター製品を別途導入する必要がありましたが、手軽な値段で実現することができるようになります。

  6. 06Webによる「内部」からの漏えい対策~Webアクセスを制御~

    ・組織のポリシーに即してフィルタリング
    ・Webサービスをグループ単位で機能ごとに制御
    ・柔軟にポリシー設定できるアクセス制限
    ・個人用アカウント利用制限

  7. 07Webによる「内部」からの漏えい対策~Webアクセスのログを管理~

    ・POST内容をまるごと保存
    ・豊富なレポートテンプレート
    ・SIEM製品とも柔軟に連携可能なカスタムログフォーマット
    ・SSL通信に隠れた攻撃も可視化

価格

価格の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

導入事例

広島ガス株式会社さまさま

「苦労したこと?工夫したこと?切り替えもスムーズで本番稼働後も全く問題ないので、話すことないのですが…」

広島ガス株式会社では、日本年金機構の情報漏えいをきっかけにネットワークを分離しましたが、高い堅牢性は実現できたものの、利便性に課題がありました。そこで2018年10月に公表した中期経営計画『広島ガスグループ2030年ビジョン』の基本戦略のひとつである『デジタル技術の活用による高付加価値の創造』に基づき、導入済みの「i-FILTER」を最新バージョンにし、White Webに切り替えたことで2,500台のPC環境の堅牢性と利便性を両立させました。

東京都 町田市役所さまさま

「i-FILTER Ver.10」のホワイトリスト運用で、セキュリティと職員の意識が向上

町田市役所では、以前からクラウドサービスとして利用してきた「i-FILTER」のWebフィルタリング環境を、インターネット分離の実施を機に最新版の「i-FILTER」Ver.10をオンプレミス導入する方式へと変更しました。これによって、従来よりも柔軟かつきめ細かにWebフィルタリングを運用できるようになり、さらに強固なインターネットセキュリティ対策を実現できました。

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

関連情報