IT-EXchange

日本ヒューレット・パッカード

HPE Nimble Storage

仮想化&クラウド世代のハイブリッドストレージ独自のロジックでハイパフォーマンスとコストを両立し管理工数を削減

この製品の販売・導入を検討されている方はこちらからお問い合わせください。

業界唯一の予測分析フラッシュ プラットフォーム

HPE Nimble Storage (HPE ニンブル ストレージ)は、独自技術によりフラッシュドライブとハードディスクを最適に活用することで、性能高速化と経済性を両立する、予測分析付きフラッシュ プラットフォームです。単一アーキテクチャでオールフラッシュ ストレージとアダプティブ(ハイブリット)ストレージを提供しており、クラウドベースの予測分析管理ツールも統合されているため、最適化された価格とソリューションでお客さまの安定稼働を可能にします。

HPE Nimble Storage の特長

CASL(Cache Accelerated Sequential Layout)

独自開発の特許技術CASLアーキテクチャーは、SSDとHDDそれぞれの特性を最大限活用できる「アダプティブ フラッシュストレージ」を提供。書き込み要求のあった全てのブロックデータをインラインで圧縮、ストレージリソースを効率よく利用できます。また、ランダムI/Oをシーケンシャル化し、従来型ストレージと比べて高いパフォーマンスを発揮します。

ユニファイド フラッシュ ファブリック

HPE Nimble Storageは、アダプティブ ストレージの「CS シリーズ」とオールフラッシュ ストレージの「AF シリーズ」から、お客さまのニーズに合わせお選びいただけます。2つのシリーズは同じ「Nimble OS」で稼働、管理されているため、シリーズ混在でのクラスタや安価なレプリケーション環境を構築することが可能です。

クラウドベースの監視機能 InfoSight

クラウドベースの管理ツール InfoSightによって管理され、ユーザーにモニタリングとデータ分析サービスを提供します。InfoSightはストレージ管理タスクを統合、自動化して、大幅に簡素化し、ストレージ管理者さまのストレージ管理にかかる工数を大幅に削減することができます。

その他 HPE Nimble Storage の特長

ソフトウエア機能を追加費用なしで利用可能。
スケールアウト/スケールアップ両方の拡張をサポート。
トリプルパリティRAIDによりドライブ障害からのデータ保護レベルが飛躍的に向上。
スナップショット、レプリケーション、ゼロコピークローン等多彩なデータ保護機能を標準搭載。

要件・仕様

仕様詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

関連情報

  • HPE ONLINE

    HPEのさまざまなソリューションをご紹介するオンラインセミナーポータルサイト