シュナイダー

Smart-UPS SMT / SMX シリーズ

サーバー、POS、ルーター、スイッチなどネットワーク機器に最適な販売数2500万台を超えるUPS

Smart-UPS SMTシリーズとは

Smart-UPS SMTシリーズは管理が容易で信頼性も非常に高く、さまざまな負荷レベルに対して効率的に動作するため、負荷変動型のマルチコアプロセッサー搭載サーバーや仮想化サーバーに適しています。タワー型、ラックマウント型など多様な形状と容量から、用途や予算に合わせてお選びいただけます。
日本語表示も可能なLCDディスプレイ、およびバッテリー交換日予測機能を搭載。また、シュナイダー従来機種比で年間約4%の電力コストを削減するグリーンモードでは、CO2削減にも貢献し、高機能と環境性能を両立させています。また、有償サポートを最長7年提供可能、3年・5年・7年保守付きモデルのラインアップもあります。バッテリ寿命が尽きた際も保証され、長期使用でも安心です。

主な特長

日本語表示が可能なLCD ディスプレイ搭載

アラーム音やカタカナ表示可能なLCDディスプレイのインジケーター表示によって、ユニットと電源の状態をすぐに把握できます。またネットワークを介して、UPSのリモート管理を実現します。(Network Management Card別売)

出力コンセントグループによるオン・オフ制御

1000VA 以上の容量のモデルは出力コンセントグループ毎に、オン / オン、シャットダウン、リブート(シャットダウンとリスタート)など詳細な電源管理が可能です。

電力費用を削減するグリーンモード

電源状態に合わせて、効率的な運転を実現します。

インテリジェントバッテリー監視機能

正確な充電管理により、バッテリーの能力、寿命、信頼性を最大限に高めます。

拡張バッテリー最大10台接続可能(SMXシリーズのみ)

Smart-UPS SMXシリーズは拡張バッテリー(別売)を最大10台まで接続可能、バックアップ時間を数時間にまで延長できます。重要な対外的オンラインサービスなどのニーズにも対応できます。

UPSはなぜ必要?

Surge Protection

落雷による通常の電圧をはるかに超える過電圧・過電流からコンピューターなどの電子機器を守ります。

Clean Power

瞬低(瞬時電圧低下)・電圧変動など電子機器の動作に影響を与える電波形乱れなどを補正し、電子機器の安定稼働をサポートします。

Battery Backup

停電などの電源障害が発生した際に、安全に機器をシャットダウンするためのバックアップ電源を供給し、コンピューターなどの機器のデータ損失やハードディスクの破損を防ぎます。

仕様

タワー型

製品名 Smart-UPS 500 LCD Smart-UPS 750 LCD Smart-UPS 1000 LCD Smart-UPS 1500 LCD Smart-UPS 2200 LCD Smart-UPS 3000 LCD
製品型番 SMT500J SMT750J SMT1000J SMT1500J SMT2200J SMT3000J
全般
運転方式 ラインインタラクティブ方式
無償保証期間 2年間
入力
定格入力電圧 AC100V
相数 単相2線アース付
定格入力周波数(Hz) 50/60(自動検出)
入力プラグ形状(標準入力プラグ) NEMA 5-15P NEMA L5-30P
変更可能入力プラグ形状 NEMA L5-20P
NEMA 5-20P
NEMA L5-20P
NEMA 5-20P
NEMA 5-15P
ハードワイヤー接続
出力
出力コンセント形状 NEMA 5-15R×6個 NEMA 5-15R×8個 NEMA 5-15R×8個
NEMA 5-20R × 2個
スイッチ出力コンセントグループ数 なし 1
スイッチ出力コンセント形状 NEMA 5-15R×4個
最大出力容量(VA/W)
*標準入力プラグ使用時 
500/360 750/500 1000/670 1200/980 2200/1980 2400/2400
バッテリー動作時の波形 正弦波出力
切り替え時間(通常ms) 5~10
自動電圧調整機能
バッテリー
交換バッテリーキット型番 APCRBC137J RBC6L APCRBC139J RBC55J
推奨バッテリー交換時期
*放電の回数と周囲温度によって変わる< 25℃
4.5 年
寸法・質量
外形寸法 高さ×幅×奥行(mm) 167×140×359 225×172×439 435×197×544
正味質量(kg) 13 21 26 56
規格
EMC規格 VCCI ClassA
安全規格 CE、UL1778 UL1778

ラックマウント型、Smart-UPS X

製品名 Smart-UPS
750VA LCD RM 1U 100V
Smart-UPS 1200
RM 1U LCD
Smart-UPS 1500
RM 2U LCD
Smart-UPS 3000
RM 2U LCD
Smart-UPS X 3000
Rack/Tower LCD
Smart-UPS X 3000VA
Rack/Tower LCD 200V
製品型番 SMT750RMJ1U SMT1200RMJ1U SMT1500RMJ2U SMT3000RMJ2U SMX3000RMJ2U SMX3000RMHV2UJ
全般
運転方式 ラインインタラクティブ方式
無償保証期間 2年間
入力
定格入力電圧 AC100V AC200V, 208V, 220V, 230V, 240V
相数 単相2線アース式
定格入力周波数(Hz) 50/60(自動検出)
入力プラグ形状(標準入力プラグ) NEMA 5-15P NEMA L5-30P NEMA L6-20P
変更可能入力プラグ形状 NEMA L5-20P
NEMA 5-20P
ハードワイヤー接続
出力
出力コンセント形状 NEMA 5-15R×4個 NEMA 5-15R×4個 NEMA 5-15R×6個 NEMA 5-15R×6個
NEMA 5-20R×2個
NEMA 5-15R×3個
NEMA 5-20R×3個
NEMA L5-30R×1個
IEC 320 C13×8個
IEC 320 C19×1個
スイッチ出力コンセントグループ数 2 1 3
スイッチ出力コンセント形状 NEMA 5-15R×2個(Group1)
NEMA 5-15R×2個(Group2)
NEMA 5-15R×3個 NEMA 5-15R×3個(Group1)
NEMA 5-20R×3個(Group2)
NEMA L5-30R×1個(Group3)
IEC 320 C13×4個 (Group1)
IEC 320 C13×4個 (Group2)
IEC 320 C19×1個 (Group3)
最大出力容量(VA/W)
*標準入力プラグ使用時   
750/525 1200/1000 1200/1200 2400/2400 3000/2700
バッテリー動作時の波形 正弦波出力
切り替え時間(通常ms) 6~10 7~10 5 ~10 6~10
自動電圧調整機能
バッテリー
交換バッテリーキット型番 RBC34L APCRBC88J APCRBC133J APCRBC145J APCRBC117J
推奨バッテリー交換時期
*放電の回数と周囲温度によって変わる< 25℃
4.5 年
寸法・質量
外形寸法 高さ×幅×奥行(mm) 44×432×661 44.5×432×665 86×432×468 86×432×661 87×432×667 85×432×667
正味質量(kg) 20 24 28 44 39
ラックマウント搭載時
(EIA 規格19 インチラック)
対応1U 対応2U
規格
EMC規格 VCCI ClassA
安全規格 UL 1778 UL 1778, IEC 60950-1, EN50091-1-1
  • UPSは重いため、その重量に十分耐えられる場所に設置してください。
  • 推奨バッテリー交換時期は保証値ではありません。要バッテリー交換LEDの点灯の有無に関わらず、バッテリーを交換することを推奨します。

Non-IT機器への導入事例

小売販売店さま向けPOSシステム

導入の背景:
・POSデータの及びネットワークの電源保護
・電源障害時の対策

概要:
全国展開する各店舗へ新規にキャッシュレス決済の導入を決定。
POSレジ自体にはバッテリーが内蔵されているが、停電時に釣銭機内の現金を取り出せなくなること、キャッシュレス決済が利用できなくなることを回避するため電源保護が課題であった。
データ保護及び接客対応をストップさせないようにUPSを各店舗に導入。

シュナイダー製UPSを採用したポイント:
・UPSメーカーでもっとも選ばれている信頼性を高く評価
・店舗の立地によっては入力電圧が安定していないこともあり、入力電圧補正機能(AVR機能)が搭載されている点
・UPS本体のLCD画面でバッテリー残量が表示

導入効果:
POSレジだけでなく、自動釣銭機、キャッシュレス決済端末、ネットワーク回線にUPSを接続したことで、電源障害時のPOSレジシステム全体の可用性が向上した。

金融機関さま向け監視システム

導入の背景:
・停電時における監視カメラならびにPoE HUBへの電源保護

概要:
常に監視が必要な環境のため、災害などの電源障害発生時でも監視カメラならびにPoE HUBへの電源保護が必要なためUPSを導入。

シュナイダー製UPSを採用したポイント:
・設置環境に合わせて豊富なラインアップから選択で可能
・メンテナンスの負荷低減

導入効果:
電源障害時も監視カメラが動作できることで信頼性が高まった。また、直感的操作が可能なLCD画面よりバッテリー寿命予測を確認できるので、メンテナンスの負荷を低減することができた

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

カタログダウンロード

よくあるご質問

Smart-UPS Online (SRT)シリーズとの違いは何ですか?

運転方式が異なります。Smart-UPS (SMT)は、ラインインタラクティブ方式、Smart-UPS Online (SRT)は常時インバーター方式となります。

バッテリー交換後の使用済みバッテリー発送方法は?

APC製UPSにおいて「交換用バッテリーキット」をご購入いただき内部バッテリーを交換した後にご不要となった使用済みのバッテリーは送料元払い(お客さまご負担)でシュナイダーに発送してください。送付先や、送付方法の詳細はメーカーサイトをご確認ください。
メーカーサイトで確認する

APCブランド UPSが不要になった際の処分方法は?

新たにAPCブランドのUPSを購入いただき、お引き取りの条件を満たす場合は、利用を終えたUPSについて、Trade-UPS にお申し込みいただくことで、UPS本体ごとの引き取りを承っております。
詳細な条件や対象製品、お申し込み方法につきましては、メーカーサイトでご確認ください。
UPS買い替えプログラム Trade-UPS

バッテリーの定期交換について教えてください。

予防保全のためにも、UPSのバッテリーは必ず定期的に交換してください。

UPSではバッテリーを使用しています。このバッテリーには寿命があり、バッテリーの寿命を越えた状態で使用された場合、思わぬ障害を発生させる原因となります。
予防保全のためにも、バッテリーは必ず定期的に交換してください。
取替え時期を過ぎて使用すると、バッテリーの機能を発揮できなくなるだけでなく、バッテリーの内部短絡や電槽の破損等が発生し、発煙、火災などの二次障害の原因となる場合があります。
そのため、バッテリーは必ず定期的に交換してください。
また、バッテリーの使用個数の多い機器や信頼性の要求される重要な機器においては、取替え時期を早めてください。
※一部マニュアル等と記載事項が異なる個所がございますが、日本では電池工業会の指針に従い、ご案内させていただいております。

尚、UPS本体の耐用年数は日本電機工業会の指針より5〜6年となります。
シュナイダーではUPS本体の製品サポート期間(保守サービス提供期間) はご購入日から5年間(SMT/SMXシリーズは7年間)としております。
本体使用からサポート期間が経過したUPSは予防保全のため新しいUPSへのお買換えをご検討ください。

備考:
UPSに装着されているバッテリーについて、手入れは不要です。
バッテリー交換の目安時期になりましたら、UPS本体の要バッテリー交換LEDの点灯、アラームの有無に関わらず定期的にバッテリー自体の交換を行ってください。

【バッテリーに関する注意事項】
・ バッテリーの手入れは行わないでください。
はたきがけや、乾いた布、濡れた布で拭いたりすると、静電気による爆発や感電の危険があります。
また、バッテリーの外装は樹脂でできているために、有機溶剤等(シンナー、ベンジン、合成洗剤、塗料、化学ぞうきん等)が外装に付着すると、外装が割れて故障や液漏れの原因となります。

・ シュナイダーにて販売、供給以外のバッテリー、アクセサリ製品をご使用になると、故障や事故の原因となります。
ご使用の場合、性能、動作等の製品保証を一切致しかねますことご注意ください。

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

UPS選定ツール