IT-EXchange

製品名:
Netwiser SX-3900シリーズ

SEIKO

Netwiser SX-3900シリーズ

コストパフォーマンスに優れた4代目国産ロードバランサー

この製品の販売・導入を検討されている方はこちらからお問い合わせください。

ロードバランサーとは

ロードバランサーの役割は、今や単純な(L4)バランシングだけではありません。L4ロードバランシングだけでなく、SSLアクセラレーション・L7負荷分散にも対応。必要な機能を最小限のコストでご提供いたします。

4つの特長

フェイルスルーによるスモールスタート可能

機器障害を検知し、通信経路をバイパスするフェイルスルー機能により、1台の運用でも障害発生時に特定サーバーとの通信を確保します。さらにスタンバイ機を置くことで、フェイルオーバー機能による冗長化構成が可能です。(SX-3920/SX-3940が対応)

わかりやすい日本語GUI

ひと目でわかる日本語GUIを採用した管理画面により、海外製品のように英語のマニュアルを読み解く必要はありません。
また、かんたん設定機能の搭載により、バランシングの設定、変更がわずか1画面の入力で可能。親切なヘルプ機能も付いています。

SSLアクセラレーション機能

SSLセッションでの暗号処理を最適化するSSLアクセラレーション機能をサポート。セキュリティを維持しながら、Webアプリケーションのパフォーマンス向上がはかれます。
SX-3900シリーズは、ソフトウエアSSLを標準装備。追加オプションなしにSSL機能を利用できます。SNI対応により、1つのIPアドレスに複数のSSL証明書を持つことも可能です。
SSLハードウエアボード(オプション)を搭載することで、ECC処理も高速に対応可能です。(SX-3950/3945/3940)

安心の国産ロードバランサー

Netwiserは国産製品であるため、トラブル時でもすぐにサポートが受けられます。

こんなお悩みはありませんか?

必要数が多くなってきたSSLの設定をロードバランサーに任せたい

Netwiserはロードバランシング機能だけでなく、SSLアクセラレーション機能も備えています。そのため、SSLの設定をロードバランサー側に切り替えて設定作業を軽減しつつ、WebサーバーへのSSL通信負荷の軽減も実現可能です。

ロードバランサーを自社で構築したいが、サポートなしでは難しい…

Netwiserは分かりやすい日本語GUIを採用しています。日本企業さまにとことん使いやすいインターフェースを目指しています。また、構築時の電話・メールによるQAサポートや設定・設置を請け負うインストール作業もメニュー化しており、自社でのご構築をお助けします。

コストパフォーマンスの最適化を図りたい

Netwiserは機能と価格のバランスを重視したロードバランサーです。フェイルスルー機能により、1台でもサーバーへのトラフィックを止めません。導入時は1台で、トラフィックの増加に合せて2台に増やす構成も可能なため、必要な機能を、最適な価格でスモールスタート可能です。

価格

価格の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

要件・仕様

動作環境の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトで確認する

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。