IT-EXchange

製品名:
Shuttle XPC

日本Shuttle

Shuttle XPC

産業用でも、民生用でもなく、日本Shuttleのコンピューターが選ばれる理由

日本Shuttleとは

本社は台湾、4カ国に支社を展開しワールドワイドでビジネス展開をしているShuttle。
日本Shuttleはその日本支社として2004年に設立。製品の組み立てや動作検証はもちろん、100%国内サポートを実現しております。AI/IoTの急速な導入により、これまで導入が進んでいなかった分野に対するデジタル化が進んでおりコスト・信頼性・短納期をバランスよく持った製品が望まれる中で、日本Shuttleが提供する”ちょうどいい”コンピューターが選ばれています。

日本Shuttleが提供するコンピューターについて

  • 国内最終仕立、十分な出荷前テスト実施

    日本Shuttleのコンピューターは国内で部材を組み込み、出荷前検査を行っております。
    1台1台、5営業日程度をかけて出荷前検査を行い、検査に合格したもののみを出荷しているため、納品後に安心してご使用いただけます。
    国内で最終仕立てを行うため、きめ細やかな対応にもお応えできます。

  • コストパフォーマンス

    共通パーツを採用し、ワールドワイドでビジネス展開をするスケールメリットを生かして大量生産、海外拠点で半完成状態まで製造し最終仕立てを国内で行うため、高スペック・高品質ながらも業務用・産業用コンピューターと比較して圧倒的な低価格を実現しています。

  • 高い製品力

    全製品24時間365日連続稼働をサポート。0〜40℃の周辺環境で使用可能なファンレスモデル、エッジ端末、デスクトップCPU搭載可能モデルや拡張性に富むモデルなど幅広い製品ラインナップを取り揃えており、さまざまな用途に合わせた選択が可能です。

仕様

業務用途で採用されている理由

  1. 0124時間365日連続稼働を実現

    冷却効率を考慮した設計により、ファンレス0-40℃、ファン搭載モデルは0-50℃の環境で24時間365日連続稼働が可能。民生用のコンピューターにはない高い信頼性を実現します。

  2. 02多彩なインターフェース

    インターフェースの種類が豊富であり、シリアルポートやデュアルLANなど民生用のコンピューターでは見られないインターフェースを採用している製品も多く、長期に渡り使用される周辺機器との接続にも困りません。

  3. 03同サイズの筐体を長期間供給

    製品は最低2年間供給。さらに後継機種も本体サイズが変わらないため、新製品への切り替えも心配ありません。
    専用治具を利用している場合もそのまま流用可能であり、スムーズに移行できます。

各製品紹介

エッジモデル

小型軽量設計が特長のエッジコンピューター。VESAマウントやDINレールに対応しあらゆる場所に設置可能であり、またSIM搭載モデルもラインナップし、有線・無線LANのない環境でも使用が可能です。
エッジコンピューティング、設備制御、監視、デジタルサイネージ、検査/診断などさまざまな用途で使用できます。

ファンレスモデル

故障リスクを低減することができるため、さまざまな組み込み用途に採用されているファンレスモデルです。
ShuttleのファンレスモデルはCeleron〜Core i7までラインナップしており、パフォーマンスとの両立が可能です。
また0〜40℃の環境下で24時間365日の連続稼働にも対応しております。

パフォーマンス重視モデル

小型な筐体ながらもCore i7までのデスクトップCPUが搭載できる製品であるため、小型ながらハイパフォーマンスを必要とする用途に最適です。加えて0〜50℃の環境下で24時間365日の連続稼働にも対応しております。

拡張性重視モデル

デスクトップCPUタイプのCore i9まで搭載が可能であることに加え、2スロット占有の大型グラフィックスボードが増設可能。3.5inchを4基使用したRAID設定にも対応でき、タワー型に引けを取らない拡張性を実現しながらも最小サイズの本体を実現しております。また0〜40℃の環境下で24時間365日の連続稼働にも対応しております。

オールインワンモデル

タッチパネル一体型となっており、KIOSK端末等の用途に最適です。
外部映像出力端子やシリアルポートなどインターフェースも充実しており、さまざまな用途にも対応できます。
また、VESA規格にも対応していることから、アーム等への取り付けも可能です。加えて0〜40℃の環境下で24時間365日の連続稼働にも対応しております。

Android搭載モデル

NS02シリーズはデジタルサイネージ向けの表示用端末として最適です。グラフィックス性能が高く、4K出力にも対応します。Androidベースの顔認証用端末BR06シリーズは独立して動作するスタンドアローン型とネットワークを介した連携が可能なサーバー型をご用意。用途に合わせたご選択が可能です。

関連する
セミナー・イベント

  • {{ value.Title }}

    {{ Attribute7Value.Attribute7Name }} {{ Attribute8Value.Attribute8Name }}
    開催日時
    {{ value.Attribute9 }}
    開催地
    {{ value.Attribute12 }}
    主催/共催
    {{ value.Attribute13 }}

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。