製品名:
SOHOシリーズ / TZシリーズ / NSaシリーズ

SonicWall

SOHOシリーズ / TZシリーズ / NSaシリーズ

マルチコアアーキテクチャによる追求された高性能次世代ファイアウォール

SonicWallの次世代ファイアウオール

現代の多くの企業では、ビジネスに不可欠なシステムアプリケーションへアクセスしたり、離れた人とのコミュニケーションではネットワークを使用しています。我々はネットワークの進化により大きな利点を得ている一方、通信を妨害し、ネットワークパフォーマンスを低下させ、データを漏洩させることを目的とした金銭目当ての高度な攻撃にこれまで以上に悩まされています。悪意ある攻撃は、システムの脆弱性を利用して、ステートフルパケットインスペクションファイアウオールを通過させます。各々の専用ソリューションを導入することでセキュリティレイヤを強化することができるものの、コストが高く管理が複雑になっていくほか、最新型の多様な攻撃に対してネットワークの制御機能が限定的になってしまうため、効果が出にくくなることがあります。SonicWallの次世代ファイアウオールは、画期的なマルチコアデザインとパケットの再構築が必要ないDeep Packet Inspection(TM)(RFDPI)を活用し、ネットワークのパフォーマンスを低下させることなく完全な保護を提供する革新的なネットワークセキュリティを提供します。

SonicWallで実現する標的型攻撃対策
SonicWallが選ばれる理由

特許技術「RFDPI」搭載!
高いパフォーマンスを誇るスキャン能力

ケットを再構築せずに検査できる特許技術「RFDPI」により、ネットワークパフォーマンスを落とすことなく、さまざまな脅威をリアルタイムにスキャンし、排除します。マルチコアCPUを搭載したハードウエアは、劇的にスループットを向上させ、並列にスキャンを行うことが可能です。

1台で複数のセキュリティ機能を搭載。
冗長化の保守・ライセンスが1台分だけ

SonicWall は、ファイアウォール、VPN 機能をベースに各種セキュリティオプションを追加しても低価格を実現した、オールインワンのゲートウェイセキュリティソリューションです。さらに、冗長構成時の保守ライセンスは1 台分で構いません。

完全日本語対応の管理画面

管理画面は完全に日本語化されたGUIで視覚的操作が可能。専任のシステム担当者がいない企業でも管理・運用を行うことができます。ベンダー特有のコマンドを新たに覚える必要はありません。

次世代ファイアウオールと連携する
クラウドサンドボックスソリューション

SonicWallが提供するサンドボックスは4つの解析エンジンにより一般的な単一の解析エンジンに比べ、解析精度を飛躍的に向上させています。
このソリューションはトラフィックをスキャンし、疑わしいコードを分析対象として抽出しますが、他のゲートウェイソリューションとは異なり、ファイルサイズの制限がありません。グローバルな脅威インテリジェンスインフラストラクチャにより、新たに特定された脅威に対する防御シグネ チャが全てのSonicWall ネットワークセキュリティアプライアンスに迅速に展開されるため、その後の侵入を防ぐことができます。お客さまには、高度なセキュリティによる効果的な防御、迅速な応答時間、総所有コストの削減といったメリットがもたらされます。

SonicWall 次世代ファイアウオールが備える機能

複数のセキュリティ機能を1台に集約し、利便性を向上させつつ巧妙化サイバー攻撃からネットワークを守ります

●Real-Time Deep Memory Inspection(RTDMI)およびReassembly-FreeDeep Packet Inspection(RFDPI)技術を利用して、より多くの攻撃を防ぎます。
● マルチエンジン・サンドボックス化、マルウエア対策、侵入防止、ウェブ・フィルタリングなどを特長とするクラウドベースおよびオンボックスの脅威防止機能を利用して、高度な脅威を防ぎます。
● TLS/SSL およびSSHトラフィックをリアルタイムで復号化および検査
● 高速マルチコア・ハードウエア・アーキテクチャによる処理性能の向上
● 内蔵ワイヤレス・コントローラを使用する高速ワイヤレス機能の追加(SOHO/TZシリーズのみ)

SonicWall 次世代ファイアウオールの導入効果

内部・外部問わずネットワーク脅威から防御

SonicWall 次世代ファイアウオールは外部からのサイバー脅威はもちろんのこと、内部から発生する脅威に対しても有効なソリューションです。USBによる感染は現在でも主流なマルウエア感染ルートとしてみなされており、この場合次世代ファイアウオールでは侵入を検知することはできません。しかしながら、感染したPCから外部の悪意あるサーバーへ通信が発生した場合、次世代ファイアウオールは検知と遮断を行うことができます。SonicWall 次世代ファイアウオールは入口対策だけなく出口対策としても威力を発揮します。

圧倒的な費用対効果

豊富なラインナップを備えるSonicWall 次世代ファイアウオールは必ずお客さまに適した機器をご提供します。特に我々の恩恵を受けることのできる構成として、アクティブ/スタンバイによる2台並列でご利用いただくケースです。通常、スタンバイ機器にもサポートやセキュリティサービスライセンスの購入が必要ですが、SonicWallの場合はアクティブ機器の1式分で2台分のサポート・セキュリティサービスがご利用いただけます。規模の小さな拠点でも低コストで高可用性を実現することが可能です。

盤石なサポート体制による手厚い対応

我々SonicWallのサポートメンバーは全員がSonicWall正社員によって構成されています。サポートまでお問い合わせをいただければ、サポートエンジニアがお客さまの同じ環境を構築し、お客さまと同じ画面を見てご案内いたします。また、開発部門との距離も近いことから、これまでいただいたサポートへの機能要望が実際にいくつもの機能実装に結び付いています。

要件・仕様

TZシリーズ

データシートp4-7をご覧ください
メーカーサイトでデータシートを確認する

NSaシリーズ

データシートp7-8をご覧ください
メーカーサイトでデータシートを確認する

SonicWall 次世代ファイアウオール 導入事例

CUSTOMER STORY 1 某製造業 Aさま

既存ファイアウオールの老朽化に伴うLAN内セキュリティ強化プロジェクト ・低コストで冗長構成の実現 ・高パフォーマンスとトラフィック可視化 ・他社製品からのスムーズな移行

製造業であるAさまは約700名ほどの従業員数で大手企業と多くの取引があり、大手企業から取引先に求められるセキュリティ水準に満たすべく社長直下でセキュリティ強化の指令が下されていました。当時A様のゲートウェイセキュリティ対策は、インターネット出入口に従来のファイアウオールをシングル構成で設置しており、IPアドレスとポートを制御するのみでした。
同時期に既存ファイアウオールの契約更新が近付いていたA様は、この機にSonicWall NSa5650をActive-Standby構成としての導入を検討し、事前検証を経て、Aさまの重要選定ポイントであった「導入後のセキュリティレベルの向上」「価格」「既存機器からのスムーズな移行手順」の3点を全て満たしたことで本導入に踏み切りました。導入後にAさまのご担当者さまからは以下のベネフィットを感じていただいています。
1.低コストで冗長構成が可能
-SonicWALLは冗長構成の場合、ライセンス料が1台分のみなので同業他社と比べて70%のコストで導入することができた。
2.高パフォーマンスとトラフィック可視化の実現
-全てのセキュリティ機能を有効にしてもパフォーマンスが落ちることなく、安定稼動を確保できた。
-通信を可視化し分析することにより、海外からのポートスキャンなどの偵察行為が非常に多いことが判明し、対処が行えた。
3.既存機器からのリプレースがスムーズ
-当日の移行は非常にスムーズで、数時間の作業で終える事ができた。
-作業途中に不明な点がありサポートセンターに問い合わせたが、サポート担当者はこちらと同じ機器で同じ設定画面を見ながら対応してくれてサポートの質の高さを肌で感じた。

B社同様に昨今、取引先が設定するセキュリティレベルをクリアしなくては取引すらできなくなるといった課題が発生していることをSonicWallでもよく耳にします。クリアすべき各項目毎にセキュリティ製品を新規で導入することも解決の一手段ではありますが、予算上とても現実的ではありません。SonicWall 次世代ファイアウオールであれば複合的なセキュリティサービス、世界標準で柔軟なVPN接続制御、通信の可視化等の機能により、ただ先方の課題をクリアするだけでなく導入効果を実感いただけるものと考えています。

CUSTOMER STORY 2 某サービス業 Bさま

クラウドサンドボックスでこれまで被害に苦しんでいた未知の脅威を事前に防御

約200名ほどの従業員からなるBさまはサービス業で、日々高度化する未知のサイバー攻撃の被害に遭ってしまい、担当者様はその対処に幾度と頭を抱えていました。当時のBさまは、他社の次世代ファイアウオールおよびPCにはアンチウイルスを導入していましたが、シグネチャによる対策をすり抜けて2か月に一度ほどの頻度で感染を許しており、その度に原因調査やPCクリーンアップ作業を余儀なくされていました。
SonicWallにはクラウド型のサンドボックス機能を有しており、専用アプライアンス型のサンドボックスに比べ非常に低コストで利用することができます。Bさまは未知の脅威を払拭すべくSonicWall NSa3650にクラウド型サンドボックス機能をオプション追加し、ご導入いただきました。
Bさまがクラウドサンドボックスを導入したことによるベネフィットは以下です。

1..安価でサンドボックスを導入
-別メーカーで検討したサンドボックス装置の50%のコストで導入することができた。
2.未知の脅威を検知・防御
-シグネチャに頼らないふるまい検知により、未知の脅威を検知・防御することができた。おかげで突発的な残業がなくなり、ユーザーも仕事ができないダウンタイムを減らすことができた。

クラウドサンドボックスの導入直後から、シグネチャでは検知できない脅威を捉えることができたため、目に見える導入効果に満足いただいています。

資料

  • 資料名:2021年上半期中間アップデート SONICWALL サイバー脅威レポート

    SonicWallは年に一度、自社のサイバーアナリストが自社の脅威プラットフォーム上で得たサイバー脅威を分析し、グローバルにおける地域別の傾向・流行・今後の動向をレポートにまとめています。

  • 資料名:UTM資料

  • 資料名:国内事例(小山市教育委員会)

  • 資料名:サポート情報

製品関連情報

※ 本サイトに表示・記載されている表示価格はすべて税抜価格です。
※ 文中の社名、商品名などは各社の商標または登録商標である場合があります。

IT-EXchange IDを
お持ちの販売パートナーさま

IT-EXchangeへログインいただくと、
SB C&Sお取り扱い40万点の製品情報を
ご確認いただけます。
ログインに関するご不明点はこちら

新規お取引を
ご検討のお客さま

  • IT製品の
    自社導入について

    下記フォームより
    お問い合わせください。

  • 新規販売パートナー
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。

  • 自社製品の新規卸販売
    契約について

    お申し込み後、担当窓口より
    ご連絡いたします。